« イースタンリーグ ヤクルト対巨人(4/12) | トップページ | 感想「極夜 カーモス」 »

J1リーグ第6節名古屋対新潟

2013.4.13(土) 14時 豊田スタジアム
観客 13159人 主審 木村博之 副審 安元利充、蒲澤淳一

 名古屋グランパス 2(2−0)0 アルビレックス新潟  
           (0−0)

 得点 13分 名古屋・玉田(PK)
    32分 名古屋・田中輝

今年初の豊スタ。
朝方の淡路の地震で、ちょっと、えっ?と思ったけど、特に問題なく行ってこれた。遅れが出ていた東海道新幹線でもトラブルには遭遇しなかった。

最近の新潟戦には嫌なイメージしかないけど、今日は順位通りの展開だったと思う。前半は大半の時間押し込んでいたし、いい展開を何度も作れてた。中盤でもよくボールを取れていて、1点目も確か、ダニウソンが奪ったのが起点じゃなかったかな。小川が受けてペナルティに入り込んだ所を挟み撃ちで倒されてPK。玉田が決めて先制。
前半の半ばくらいの2点目は玉田と小川の連結から、小川がゴールライン際まで入って中へ入れたボールを、輝希が蹴り込んだ。輝希は2節連続ゴールで、前節はCKから頭だったけど、今回は流れから足だから、よりFWっぽいゴールだったと思う。他にも間髪入れない思い切りのいいシュートがあって、何度もあったチャンスにまるでシュートを打てず、ガックリ感を撒き散らしていたナビ杯東京戦とは格段の差。急激にフィットしつつある感じ。
後半は新潟が攻勢に出て、攻め込まれる時間は増えたものの、攻め手が薄いし(ブルーノ・ロペス以外は怖さがなかった)、カウンターの切れもなかったので、ほとんど失点しそうな気がしなかった。
後半半ばにはジョシュア、ヤキモフを入れて、この2人が絡んだチャンスも何度か作れたし、特にジョシュアについてはいい試運転が出来てたと思う。輝希とうまく併用出来るといいんだけど。

新潟が弱かったから、と言えなくもないけど、いい感じにはなってると思う。ダメな時は、こういうチームを相手にしたって、まともには勝てない。
しかしまあ、新潟は今年も苦労しそう。最終節に大白鳥で対戦する時、どういう状況になっているか。
1898922695_165
1898922695_53
1898922695_20

|

« イースタンリーグ ヤクルト対巨人(4/12) | トップページ | 感想「極夜 カーモス」 »

「名古屋グランパスエイト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/57168899

この記事へのトラックバック一覧です: J1リーグ第6節名古屋対新潟:

« イースタンリーグ ヤクルト対巨人(4/12) | トップページ | 感想「極夜 カーモス」 »