« セリーグ ヤクルト対巨人(4/27) | トップページ | J1リーグ第9節川崎対名古屋 »

イースタンリーグ 西武対ヤクルト(5/2)

2013.5.2(木) 13時 西武第二
S 00011020300 7
L 10010201200 7
[H]L:中田(中澤)、オーティズ(中澤)

今年初めに、西武第二の観戦エリアを制限した告知を見たけど、変わったのは外野だけのようだった。内野は去年と変ってない。要するにラバーフェンスを設置したので、外野から普通に見れるポイントが狭くなったというだけのことらしい。まあ、そうだよな。あの告知通りだったら、収容人数激減だものな。

試合は、うちが中澤、西武が平野の先発。
中澤は初回、ヒット2本の後、オーティズの犠飛で早々に失点。一方の平野は、速球がバシバシ来てて、つかまえるのは簡単じゃない印象の立ち上りだった。3回まで無走者4三振。
でも、二回り目に入った4回にいきなりとらえた。先頭荒木のツーベースを野口が送り、山田のタイムリーで同点。飯原もヒットだったがユウイチと川崎倒れて同点止まり。その裏、中澤が中田にホームランを打たれてまた1点を追う立場になったが、5回には水野が四球で出て、谷内が送り、荒木のポテンヒットで同点になった。中澤は5回は死球は出したが、初めてヒット無しで乗り切り、2-2でこの回を終えた。落ち着いたかなと思ったんだが。
6回表に四球と川崎・水野のヒットで2死満塁としたが、代打藤本が凡退で逸機すると、その裏、山田のエラーでランナーが出た後、中澤はオーティズにツーランを叩き込まれ、また先行される。中澤はこの回で終了。
ところが西武の平野も序盤のペースを取り戻せない。7回表、代打水田のヒットを山田が汚名挽回のツーベースで返し、飯原のヒットで自分も帰って同点。その裏のうちのピッチャーは阿部。この回は四球は出したが後続を抑えたんだが、8回裏にヒット3本で1点勝ち越された。しかし9回表に、無死1-2塁での野口のバントが、この回から登板した西武2番手田中の野選と3塁悪送球を誘い、同点になる。さらに山田が走者一掃の2点タイムリーで逆転。この試合初めてリードを奪う。
でも9回裏に松井光介が、セカンド荒木のエラーをきっかけにピンチを背負い、走者二人を置いて、石川にライト前へ打たれる。これを飯原が判断を誤り、スリーベースにしてしまい、当然走者一掃で同点。それでも光介は、その後は粘って、1死満塁まで行ったが、同点で持ちこたえた。延長へ。
10回表は1死2塁で川上がライト前。2塁から川崎が本塁へ突っ込んだが余裕でタッチアウト。土橋止めろよ…。10回裏は七條がマウンド。2死1-3塁にされたがなんとか凌ぐ。
11回表は1死から荒木・山田が内野安打を続けて1-2塁としたが、飯原・ユウイチが凡退。11回裏は正田がマウンド。2四球出したが西武の拙攻(スリーバント失敗、盗塁死)で逃げ切り。結局引分け。

約5時間、立放しで見ていた。疲れたよ。点の取り合いで、途中までは面白い試合だなと思ってたけど、くどすぎ。
ちなみに、イースタン観戦は今年5試合目なんだが、延長11回を見たのは既に3度目。うち2回は引分け決着。なんなんだ、この長時間ペースは…。
1900743603_125
1900743603_185

|

« セリーグ ヤクルト対巨人(4/27) | トップページ | J1リーグ第9節川崎対名古屋 »

「ヤクルトスワローズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/57296326

この記事へのトラックバック一覧です: イースタンリーグ 西武対ヤクルト(5/2):

« セリーグ ヤクルト対巨人(4/27) | トップページ | J1リーグ第9節川崎対名古屋 »