« 日本女子プロ野球リーグ ティアラカップ埼玉越谷大会 | トップページ | ナビスコ杯予選L第7節名古屋対新潟 »

イースタンリーグ ヤクルト対日本ハム(5/22)

2013.5.22(水) 13時 戸田
F 30000000000  3
S 00010002001X 4
[勝]久古、[敗]森内
[H]F:鵜久森(赤川)

先発は赤川、ハムは上沢。
赤川は初回、鵜久森に先制ソロを食らった後、さらに四球とヒットでランナーを溜めて、近藤にスリーペースを打たれてさらに2点失うメタメタな立ち上がり。2回以降も、ボロボロ走者を出し、4回表は三者凡退でようやく調子が出て来た?と思ったが、5回も2死満塁のピンチを作る。それでも初回以外は失点せず、何がいいのかわからないいつもの赤川的なピッチング内容のまま5回で交代。
うちも上沢からヒットは打ってるし、毎回セカンドまではランナーを進めてるがタイムリーが出ない。それでも4回には、ヒットの谷内を置いて川崎のツーベースで1点返したが、5回6回と三者凡退。
うちのピッチャーは6回はトニー。怪我から復帰後初登板? 2安打は打たれたものの、力で押すピッチングを見せていて、けっこうすぐに1軍に戻ってくるかも。7回8回は多分初見の今年のルーキー田川。8回に連打されてちょっと危なかったけど、2イニングを抑えきった。
ハムのピッチャーは7回は齊藤勝で、川崎のヒットから1死12塁になったが後続が凡退。しかし、8回に3番手糸数を攻め、2死満塁で川崎が2点タイムリーヒットで同点に追いつく。しかし、次打者の荒木が、リリーフ河野に三振で逆転ならず。
9回表、増渕三者三振の後、9回裏は四球、盗塁、相手エラーで2死2-3塁まで持っていったが、星野三振で河野に凌がれ延長へ。
10回表のピッチャーは阿部。2死後、宇佐美にツーベースを打たれた所で太田に交代したが、大田は谷口に死球をぶつけただけで交代(太田はちょっとね…)。光介が岩舘を打ち取ってチェンジ。10回裏は森内に三者三振でひねられる。
11回表は久古が抑えて、その裏。先頭の荒木がヒットで出た後、野口の内野ゴロで2進。山田四球の後、飯原は捕邪飛だったが(まあ、期待はしてなかった)、続く松井淳が右中間へヒット。荒木が2塁から還ってサヨナラ。

また延長11回(^^;。約4時間の長い試合だったけど、サヨナラ勝ちだったし、気分がいいんで、今日はいいや。
1902638492_253
1902638492_242

|

« 日本女子プロ野球リーグ ティアラカップ埼玉越谷大会 | トップページ | ナビスコ杯予選L第7節名古屋対新潟 »

「ヤクルトスワローズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/57438742

この記事へのトラックバック一覧です: イースタンリーグ ヤクルト対日本ハム(5/22):

« 日本女子プロ野球リーグ ティアラカップ埼玉越谷大会 | トップページ | ナビスコ杯予選L第7節名古屋対新潟 »