« J1リーグ第11節名古屋対横浜 | トップページ | 交流戦 ヤクルト対西武(5/15) »

イースタンリーグ ヤクルト対DeNA(5/12)

2013.5.12(日) 13時 戸田
B 000000200 2
S 00010002X 3
[勝]阿部、[敗]伊藤

久々の戸田。
有料のバックネット裏2階席に入ってみたわけだが、イースタンでヤクルトの主催試合で金払って見たのって、かなり久しぶりだ(近年、有料試合の開催がほとんどなくなっている)。それにしても、まさか戸田で有料で見るとは思わなかった。

先発はうちがフェルナンデスでDeNAが土屋。
フェルは先頭打者をいきなりストレートの四球で出したが、その後は彼にしては制球が安定してた。でも、四球連発は相変わらずで、それもあって3回に2死満塁、4回に無死2塁(自身の牽制悪送球も絡んだ)のピンチを作ったものの、凌いだ。
打線は4回裏に谷内が四球で出て、犠打で2塁へ進んでチャンスを広げたものの、次の飯原の内野ゴロで、中途半端な飛び出しをしてしまいアウト。それでも飯原が2塁まで進む時間稼ぎをした結果、続く楠城のヒットで飯原が生還して先制。
フェルは5回は三者凡退で抑えて交代して、まあ、(彼にしては)いい内容だったと思うが、あの四球癖をなんとかしないと、さすがに1軍に上げてはもらえないんじゃないかなあ。

フェルの後を受けて、6回から登板した増渕は、7回に自身のエラーも絡んで1死2-3塁にして、下園の犠飛と宮崎のタイムリーで2失点、逆転される。久古がリリーフでこの回を収め、8回は太田が登板したが、これがまた制球難。内藤のホームラン性の当りは川崎につかみ出してもらったが、さらに安打と四球で1死1-2塁にして阿部に交代。阿部は代打のひちょりを三振に取り、次打者の時に2塁ランナーをキャッチャーの星野が牽制で刺して、この回を凌ぐ。
それにしても太田は久々に見たはずだが、制球難は直ってないねえ。変則的なフォーム(左サイドスロー)からのボールは、不思議な軌道を描くので、夢がある(^^;とは思うんだけど、ストライクが入らなきゃどうしようもない。

DeNAのピッチャーは7回から伊藤で、これがまた球がばらけまくってたが、7回はかえってそれで攻略できなかったみたい。しかし8回に代打の藤本が四球で出て、犠打の後、谷内のヒット(今日3安打)で3塁へ。山田四球で1死満塁。しかし飯原は浅い右飛で(予想通り)凡退。次は代打でユウイチが出て、正直、どうせこいつも凡退だし、と思っていた(^^;。ただ、ゲッツーはないから、もしかしたらと、ちょっとは思っていたんだ(チャンスでユウイチのゲッツーってのを、すごくよく見てる気がするんだよな…)。そしたら、右越えのエンタイトルツーベースを打ってくれたよ。さすがにちょっと申し訳ない気が…(^^;
9回表は阿部が3人で抑えて勝利。途中、グダグダになりかけた割に、スッキリ終わってくれた。良かった。
1901715013_124
1901715013_215

|

« J1リーグ第11節名古屋対横浜 | トップページ | 交流戦 ヤクルト対西武(5/15) »

「ヤクルトスワローズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/57372031

この記事へのトラックバック一覧です: イースタンリーグ ヤクルト対DeNA(5/12):

« J1リーグ第11節名古屋対横浜 | トップページ | 交流戦 ヤクルト対西武(5/15) »