« 交流戦 ヤクルト対ロッテ(5/17) | トップページ | 日本女子プロ野球リーグ ティアラカップ埼玉越谷大会 »

J1リーグ第12節鹿島対名古屋

2013.5.18(土) 14時 カシマサッカースタジアム
観客 17161人 主審 家本政明 副審 八木あかね、数原武志

 鹿島アントラーズ 3(1−1)1 名古屋グランパス  
           (2−0)

 得点 24分 名古屋・小川
    40分 鹿島・遠藤
    66分 鹿島・中村
    90+4分 鹿島・大迫

現地観戦。

立ち上がりから鹿島のパスサッカーが炸裂して、押し込まれ続けたが、シュートが決まらない。うちの散発的な攻勢が案外功を奏して、25分くらいには(確か)増川からのロングボールが起点になって、隼磨がゴール前に入れたクロスを、ジョシュアがダミーになって、その奥にいた小川が蹴り込んで、なんと先制。
これで鹿島がリズムを見失い、うちが主導権を握った試合が出来るようになってたんだけど、ボールを奪ってからの攻勢への切替えが相変わらず遅く、チャンスを得ても物に出来ない。当然、鹿島が勢いを取り戻す。前半の終盤、小笠原のパスを受けた遠藤にディフェンスが軽く振り回されてゴールを決められあっさり同点。

以降は劣勢。それでも20分くらいにジョシュアがゴール近くのいい位置で競り負けたのをファールに取ってもらい、藤本の狙いすましたFKがゴール前ファーのツリオにぴったり合ったが、ツリオのシュートはクロスバー。しかも、そこから始まった鹿島の速くて人数の揃ったカウンターがあっさり決まって、逆転。
挽回しようと選手を入れ替えていくが、替わるごとにわけのわからん状態に陥っていき、ロスタイムにはペナルティ内のこぼれ球を大迫に押し込まれるオマケ付き。なさけない。

ジョシュアは、あまりにも粘れないので、主審が哀れに思ってけっこうファールを取ってくれるんだけど、それでも足りんらしくて、文句言ってたなあ。
もうテルキに入れ替えた方がいいと思う。まだその方が夢があるよ。でも今日はテルキじゃなくて、田鍋を使ったなあ。どういうことなのかな。ちなみに田鍋の出来は良くなかったけど、チーム全体がアレではねえ…。
1902263355_15
1902263355_186

|

« 交流戦 ヤクルト対ロッテ(5/17) | トップページ | 日本女子プロ野球リーグ ティアラカップ埼玉越谷大会 »

「名古屋グランパスエイト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/57435517

この記事へのトラックバック一覧です: J1リーグ第12節鹿島対名古屋:

« 交流戦 ヤクルト対ロッテ(5/17) | トップページ | 日本女子プロ野球リーグ ティアラカップ埼玉越谷大会 »