« 「モネ・ゲーム」 | トップページ | 交流戦 ヤクルト対日本ハム(6/8) »

交流戦 ヤクルト対楽天(6/5)

2013.6.5(水) 18時 神宮
E 400000001 5
S 10000800X 9
[勝]江村、[敗]青山
[H]S:相川(青山)、ミレッジ(土屋)、E:マギー(村中)

6時半過ぎに着いたら楽天の一番の選手がコールされるのが聞こえ、あーあ、なんかやっちまったらしいぞ、と思ったら、案の定で村中が初回に4失点していた。もう2回に入っていたのと、1回裏に1点取ってたのがせめてもの救い(^^;)

楽天先発戸村もそんなにいいわけではなさそうに見えたけど、拙攻で…。逆に村中はそこまで悪くは見えなかった。2回以降5回まで、まあまあの内容で追加失点はなし。5回に代打が出て交代。
6回表を江村がよたりながらも0点に抑えた裏、ミレッジがいきなりレフト線ツーベース。エラーが絡んで無死3塁。バレンティンのタイムリーでまず1点。続く畠山が倒れて残念な気配になったが、次の相川がいきなりレフトスタンドへガツンとライナーのツーランを叩き込み同点。
荒木が倒れて2死になったが、慶三がツーベースで出た後、代打の代打の新田が逆転のタイムリー。実はこの連打が、今日の一番のポイントだったんじゃないかと思う。
さらにヨタヨタな楽天投手陣から連打で満塁にすると、ミレッジがレフトスタンドへ放り込んで、ついに9対4。
これで実質試合は決まった。7回はオッシーがピシッと抑え、8回もトニーが楽な気分で投げられたか、四球でランナーは出したが0点、9回に山哲が島内に一発食らったが、まあ大きな問題はなく終了。

問題は明日なんだが、と思いつつ、勝ったのは嬉しい。畠山には2安打出たし、ほんとにこういうのをきっかけにして貰いてえよ。

ミレッジの最終打席はスリーベースならサイクルだったんだが。残念。
7回表になぜかパッションが出てきてしまったり(6回裏が長すぎて勘違いしたぽい)、今日はなかなかオモロいことも多かった(^^;)
1903923540_13
1903902628_26
1903902628_2

|

« 「モネ・ゲーム」 | トップページ | 交流戦 ヤクルト対日本ハム(6/8) »

「ヤクルトスワローズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/57533056

この記事へのトラックバック一覧です: 交流戦 ヤクルト対楽天(6/5):

« 「モネ・ゲーム」 | トップページ | 交流戦 ヤクルト対日本ハム(6/8) »