« オープン戦 横河対ヤクルト | トップページ | セリーグ DeNA対ヤクルト(7/3) »

イースタンリーグ ヤクルト対DeNA(6/29)

2013.6.29(土) 13時 戸田
B 030211100 8
S 000230010 6
[敗]松岡、[勝]藤江、[S]冨田

先発はうちが松岡、DeNAはコーコラン(新加入の外国人らしい)。マツケンは先週も見ていて、かなりダメな出来だったので、どうかなと思っていた。
相変わらず、今日もダメな出来だった。甘い球が多くて、それを狙い打たれていた。2回に3点、4回に2点、5回に1点の5回6失点で降板。まあ失点そのものについては、2回はレフトのタカノリが捕れたんじゃないかと思った、赤堀の左中間への飛球が絡んだし(ツーベースでDeNA先制のきっかけになった)、4回の桑原の2点タイムリーは、それ、サードの川端、捕れんかった?みたいなレフト前だったとはいえ。
打線は4回に畠山がコーコランの失投を見逃さずにレフト柵越えへ運んでまず1点。武内・ユウイチが連打で続き、川崎の内野ゴロでもう1点。5回には完全にコーコランをつかまえて、ヒット2本と四球で無死満塁にして、畠山の犠飛で1点。ユウイチのタイムリーでもう1点。コーコランが福田に代わったが、その福田の暴投でさらに1点。5回終了で5-6と追いすがった。
けれどもマツケンに代わって6回に登板した大場が、2死後に桑原のスリーベースと下園のタイムリーであっさり追加点を許し、7回は藤田がやっぱり2死後から、内藤のヒットと井手のタイムリーツーベースでもう1点。失点が止まらない。打線は毎回、ランナーを出してチャンスを作るんだが、タイムリーが全く出ない。チャンスと言っても、向こうのエラー絡みばっかりで、必ずしも自力で作ったチャンスじゃなかったというのはあるが…。
それでも8回に登板した日高が、1四球は出したがようやく無失点で切り抜けると、その裏、タカノリ(今日4安打)、川端の連打から、ユウイチ(今日4安打)のタイムリーでなんとか1点はもぎ取った。
9回表は松井光介が、この日初めての三者凡退。その裏、DeNA6番手の冨田に簡単に2死を取られたものの、そこから谷内が四球で出て、盗塁とキャッチャー悪送球で3塁まで行って、打順は当たってるタカノリ。もしや、と思ったが、肝心のこの打席は左飛に終わり、試合も終了。

基本的には投手陣が打たれ過ぎなんだが、それなりにチャンスを作ってもタイムリーが出ない打線もけっこうダメな感じだった。DeNAがチャンスにきっちりタイムリーが出ていたのと対照的。ただ、投手陣の対応も違ったけれどね。あっさり甘い球を投げてしまううちの投手陣が、どうにも勝負弱すぎた。
マツケンは先週に引き続いてのこの内容では、当分一軍はないと思う。むしろ日高とかの方が、そう遠くない先に一軍へ戻るかもしれん。元々当てにされてたピッチャーだし。
ハタケもホームラン以外はかなりものたりない出来だったな。ユウイチはよく頑張っていたが。
1905927816_213
1905927816_58
1905927816_78

|

« オープン戦 横河対ヤクルト | トップページ | セリーグ DeNA対ヤクルト(7/3) »

「ヤクルトスワローズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/57692188

この記事へのトラックバック一覧です: イースタンリーグ ヤクルト対DeNA(6/29):

« オープン戦 横河対ヤクルト | トップページ | セリーグ DeNA対ヤクルト(7/3) »