« 日本対ウエールズ | トップページ | イースタンリーグ ヤクルト対巨人(6/22) »

全日本大学野球選手権大会決勝 上武大対亜細亜大

2013.6.16(日) 13時 神宮
上 100005000 6
亜 201000002 5

鎌ヶ谷のイースタンリーグへ行こうと思ってたんだが、雨で中止になってしまったので転戦。雨は上がり始めていて、神宮なら充分試合をやれるレベルの天候になっていた。

上武大が初の決勝進出、くらいのことは押えてたが、なにぶん、まるで大学野球は知識がないわけで、その辺の観客が適当に喋ってるのを聞いてると、上武の先発ピッチャー横田は昨日の明大戦でも120球以上投げての連投になって、厳しいと思われるが、上武には他に当てに出来るピッチャーが居ないぽいんで、亜大のやりたい放題じゃないかということだった。

始まってみると、亜大先発の山崎も結構悪い出来で、いきなり上武が1点先制。しかし、確かに横田は疲れが見える安定感のないピッチングで、1回裏に4安打2四球、よく2点で済んだなという内容。あっさり逆転。上武の守備がもう一つな印象もあり、確かに亜大のワンサイドはありえると思った。それでも横田は大崩れはせず、3回にもう1点は失ったが、うまく打たせて取って凌いでいた。
上武は山崎からヒットは打つが、亜大の守備のカバーが速くて、大きく進塁出来ず、点を取りきれない状態。それでも6回に2四死球で1死1-2塁を作ると、5番の中がセンター前へ打ち返し、これは本塁返球が間に合わずついに1点追加。ここで亜大はピッチャーを諏訪に代えたが、四球で1死満塁として、代打で出た清水がレフトスタンドへ打ち込む逆転満塁ホームラン。
この辺から横田もあっぷあっぷで、ストライクを取るのも結構苦労する状態になり始めてたんだが、亜大は6回には四球で出た1塁ランナーが牽制悪送球で3塁を欲張りタッチアウト、7回には先頭打者がヒットで出たが、打順がクリーンアップにもかかわらず、しつこくバントを試みた上に、失敗してチャンスを潰す拙攻の連続。
6回途中から登板した亜大3番手の九里は、本格派風のいいピッチャーに見えた。山崎と九里が亜大の2枚看板らしい。7回以降、九里が上武打線を完全に抑え込んで、6対3のまま、横田が9回裏のマウンドへ。
1死後に連打で2-3塁になった後、3番中村毅のツーベースで亜大が2点取って1点差に迫る。しかし4番中村篤の当たりは伸びすぎて左直。5番嶺井がセカンドフライ。横田が凌ぎきって、上武大が初優勝。

第三者的に見て、亜大の自滅?という感がかなり。ただ、横田は本当によく投げたし、打のヒーローの清水も結構苦労してきた選手だったそうで、素直によかったなあと言える優勝だったと思う。

試合前の予想と違って、見てて面白い試合になってくれたのも有難かった(^^;。
1904816953_211
1904827308_150
1904816953_205

|

« 日本対ウエールズ | トップページ | イースタンリーグ ヤクルト対巨人(6/22) »

「野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/57606722

この記事へのトラックバック一覧です: 全日本大学野球選手権大会決勝 上武大対亜細亜大:

« 日本対ウエールズ | トップページ | イースタンリーグ ヤクルト対巨人(6/22) »