« J1リーグ第16節名古屋対鳥栖 | トップページ | JFL第20節相模原対藤枝 »

セリーグ ヤクルト対広島(7/13)

2013.7.13(土) 18時 神宮
C 100000020 3
S 24000200X 8
[勝]小川、[敗]大竹
[H]S:上田(大竹)、バレンティン2(大竹2)

急に行く気になって指定を取ったが、ユニ配りキャンペーンの試合だもんで、前売りで売れまくってて3塁側になっちゃった。3塁側も3連休の影響でか、よく入っていて、カープファンのまっただ中での観戦。「それ行けカープ」を心おきなく歌わせていただいた(^^;)。

先発はライアン小川と大竹。ライアンは疲れがあるのか、ピリッとしない立ち上がりで、初回にキラのタイムリーで失点。
しかし大竹はもっとピリッとしなかった。1回裏に上田のプロ初のホームランで同点。バレンティンのホームランで逆転。2回には二死満塁からバレンティンの特大ホームランで、一気に6対2。ライアンは3回以降、調子を上げて順調に回を進め、打線は6回に川端・慶三・中村の連打で2点追加して援護。
ライアンは8回に疲れが出たか、ヒット3本で1点を失い、さらに四球で2死満塁とした所で交代。リリーフの石山も押し出し四球でもう1点失ったが、そこまで。
最終回は1軍復帰したばかりのトニーが5点リードをバックに150キロ台連発の三者三振ショー。

途中まで、ワンサイドゲームでいまいち面白くないと思ったが(なんせ、カープファンの中に居たし)、終盤盛り上がってよかった(^^;)。

ライアン10勝目。援護に恵まれてる面はあるにしても、本当によくやってる。新人王は取らせてやりたいなあ。
1907072743_51
1907072743_12

|

« J1リーグ第16節名古屋対鳥栖 | トップページ | JFL第20節相模原対藤枝 »

「ヤクルトスワローズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/57787689

この記事へのトラックバック一覧です: セリーグ ヤクルト対広島(7/13):

« J1リーグ第16節名古屋対鳥栖 | トップページ | JFL第20節相模原対藤枝 »