« JFL第20節相模原対藤枝 | トップページ | J1リーグ第17節大分対名古屋 »

イースタンリーグ ヤクルト対西武(7/15)

2013.7.15(月祝) 13時 戸田
L 000100200 3
S 10001030X 5
[勝]徳山、[S]正田、[敗]坂元
[H]L:米野2(徳山2)、嶋(徳山)

先発はうちが徳山で、西武は涌井。おおっ、と思った。
もっとも、涌井はさすがと思う場面は多いが、結構隙もある感じだった。初回、先頭の比屋根が四球で出て、盗塁と内野ゴロで3塁へ進み、荒木の犠飛であっさり先制。4回表に米野にホームランが出て同点になった後、5回裏には、野口のスリーベースの後、比屋根のスクイズが決まって、また勝ち越し。割と簡単に点をくれるなあ、という印象。
徳山は、悪くはなかったと思うが、西武の走塁ミスにかなり助けられていたし、結構大きい当りをよく飛ばされてもいた(強風の影響もあったと思うが)。2回にはカーターにセンターへ大飛球を打たれたが、比屋根がフェンスの向こうから?つまみ出すビッグプレーでアウト。4回に米野にホームランを打たれた後、6回にも田代にレフトへ大飛球を打たれたのを、今度はタカノリがフェンスぎりぎりでキャッチして救われていた。しかし、7回に米野に今日2本目の一発を浴びて同点にされた後、続けて嶋にもホームランを打たれ逆転。この回で降板。
しかし7回裏、西武は弥太郎を送ってきたが、野口が四球で出た後、二盗した際に、ショートがこぼしたのを見て、飛び出すチョンボでアウトになった後、川上・比屋根の連打と盗塁で2-3塁。ここで荒木が2点タイムリーで再逆転。さらに代打新田のタイムリーでもう1点。
8回表は久古と増渕で無失点。最終回は正田が3人で片づけて終了。

勝負強い試合をしたな、という感じだった。
1907204382_126
1907204382_25

|

« JFL第20節相模原対藤枝 | トップページ | J1リーグ第17節大分対名古屋 »

「ヤクルトスワローズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/57799272

この記事へのトラックバック一覧です: イースタンリーグ ヤクルト対西武(7/15):

« JFL第20節相模原対藤枝 | トップページ | J1リーグ第17節大分対名古屋 »