« イースタンリーグ ヤクルト対西武(7/15) | トップページ | 日本女子プロ野球リーグ ティアラカップ埼玉浦和大会 »

J1リーグ第17節大分対名古屋

2013.7.17(水) 19時 大分銀行ドーム
観客 7104人 主審 村上伸次 副審 平野伸一、金田大吉

 大分トリニータ 1(0−1)2 名古屋グランパス  
          (1−1)

 得点 35分 名古屋・玉田
    67分 名古屋・小川
    78分 大分・松田

JSPORTSの録画中継の録画。
勝ったこととスコアは知ってたけど、得点経過は知らない。

開始直後に2回くらい、前線できれいにボールが繋がって、いい形でシュートも打ったけど決まらず。
そのうち、パスをカットされてはカウンターを食らうお馴染みの時間帯が始まったが、そこで決めきれないのが最下位チームということなんだろう>大分。
逆にやられっ放しに見えてた名古屋が、30分過ぎに玉田のパスをジョシュアがゴール前で受けて、粘った末に入ってきた玉田へ繋いで、玉田が決めて、ワンチャンスで先制したみたいな形になった。これで随分流れも良くなった。
後半は名古屋優勢て進み、65分にジョシュアのポストから藤本がゴール前へ折り返して、スルッと入ってきた小川がゴール。珍しく順調な追加点。
でも1失点してるんだよなあ、と思っていると、78分にゴール前へクロスが入り、ツリオと増川の間へうまく入り込んだ松田に決められた。やっぱりちょっと軽い失点だけど、チョンボじゃないだけ、まだまし?
1点差にはなったけど、終盤にかけて、それほど猛攻を食らうということもなく、そそくさと逃げ切った感じ。まあ、そこはやっぱりチーム力の差が大きかったか。

今年、下位チーム相手には手堅い所は、残留争いするには有利だろうな。この連勝でいくらか楽にはなったかと。
それにしても、得点の場面だけだと、本当に強そうなチームに見えるよなあ。それとも復調しつつはあるのか?>ジョシュア、玉田。

ここんところやってる、直志が引いて、両SBが上がる3バックてのは、安定感はあるようには見えるんだけど、ミスして態勢が整ってない所にカウンターを食らったら、どう守ってても、あんまり違いはないよな、という気はする。
(2013.7.22)

|

« イースタンリーグ ヤクルト対西武(7/15) | トップページ | 日本女子プロ野球リーグ ティアラカップ埼玉浦和大会 »

「名古屋グランパスエイト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/57927938

この記事へのトラックバック一覧です: J1リーグ第17節大分対名古屋:

« イースタンリーグ ヤクルト対西武(7/15) | トップページ | 日本女子プロ野球リーグ ティアラカップ埼玉浦和大会 »