« セリーグ ヤクルト対広島(7/13) | トップページ | イースタンリーグ ヤクルト対西武(7/15) »

JFL第20節相模原対藤枝

2013.7.14(日) 15時 相模原麻溝公園競技場

ここは一度来てみたいと思ってたが、遠い感があって、なかなか来れずにいたスタジアム。今季新昇格のSC相模原のホームゲームを一度見てみたいというのもあり、ようやく踏ん切りがつけて、見に来てみた。
実際来てみると、やっぱ遠かった(^^;)。町田が既にかなり遠いのに、その先だからなあ。相模大野からバスを使ったが、これも結構かかる。バス発車からスタジアムに入るまで30分強。
スタジアム自体は、ずいぶん立派な感じ。昔の町田の野津田にバックスタンドが付いたイメージかな。今は野津田もバックスタンドがあるんだったかな。

藤枝は去年武蔵野で横河とやったのを見てるが、あの時よりスケールダウンしていた印象。カルロンが居なかっただけ、という気もしないではないが。割と個人技頼みのチーム。
相模原はスキルでは藤枝にやや見劣りしたが、戦術や連携はかなりしっかりしているように見えた。サイドへ流して、持ち上がって中へ、という形がかなり確立されていて、相互のサポートもしっかりしていた。得点にはなかなか至らなかったが、CKまではよく持ち込んで、試合を優勢に運んでた印象。
30分に相模原が、セットプレーの流れで前が厚くなっている場面で、御給のクロスがフリーの田村に通って先制。前半1対0で折り返し。
後半になると、点が欲しい藤枝の裏を相模原が取る場面が目立ってきた。御給の前線でのポストプレーも効果的。それでも追加点が入ったのは後半35分で、やっとという感じ。途中交代で入った松本と森谷のワンツーから松本。
これで決まりだろうと思ったが、40分に、走り回って後半の藤枝で一番目立っていた久富が、右サイドを駆け上がって中へ送り、村瀬が決めて2対1。
しかし42分に相模原が、左サイドからの吉村のクロスを曽我部が決めて突き放し、試合終了。

後半半ばから、雷鳴が聞こえていたし、35分くらいからはメイン後方に稲光もピカピカ見え始めていたので、無事終わって、ちょっとホッとした(^^;)
1907158106_139
1907158106_80
1907125628_129
1907125628_85

|

« セリーグ ヤクルト対広島(7/13) | トップページ | イースタンリーグ ヤクルト対西武(7/15) »

JFL」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/57792286

この記事へのトラックバック一覧です: JFL第20節相模原対藤枝:

« セリーグ ヤクルト対広島(7/13) | トップページ | イースタンリーグ ヤクルト対西武(7/15) »