« セリーグ ヤクルト対中日(8/13) | トップページ | イースタンリーグ 日本ハム対ヤクルト(8/16) »

セリーグ ヤクルト対中日(8/15)

2013.8.15(木) 18時 神宮
D 200112000 6
S 000320000 5
[敗]久古、[勝]岡田、[S]岩瀬
[H]S:畠山(山本昌)、D:クラーク(石川)、藤井(石川)、和田(藤田)

中日は山本昌、うちは石川が先発。この先、山本昌が投げる試合を見る機会って、そうそうあるもんでもないな、と思ったので、見に行ってみた。

石川は初回、先頭の藤井にヒットを打たれた後、2死取って和田。これが中前のポテンヒットで、あ~先制された、と思ったら、さらに打球を拾った上田が、誰もいない方向へボールを転がしてしまう。みんなが慌てて追いかけるうちに和田もホームイン。草野球かよ。
ヤクルトはチャンスは作るが、そこでいい当たりの打球が、ことごとく野手正面で、昌の魔法にかかったかのような…。そして石川が4回にクラークに被弾して0対3。
しかし、4回裏、先頭の畠山がレフトスタンドへ放り込むと、突然流れが変わった。山田・相川・慶三の3連打で1点。さらに石川の犠打と比屋根の内野ゴロで同点。昌は石川の犠打の後に岡田に交代。
石川も5回に今度は藤井に一発食らってまた勝ち越されるが、その裏、川端のヒットに始まり、相川のタイムリーで同点。石川の代打・慎也のタイムリーで逆転。
しかし6回表に登板した太陽が、先頭の和田にホームラン打たれてまた同点。ピッチャー久古に代わるが、2死後、高橋周平に右中間へヒットを打たれ、しかもこれをバレンティンと上田が交錯して(角度的によく見えんかった。実際はバレンティンの後逸という記録らしい)、フェンスまでいかせてしまい、高橋は3塁へ。山哲がリリーフに出るが、代打・谷繁にあっさり打たれて再逆転。
それでも山哲は後続を断ったし、以降、石山、トニーのリレーで1点差のまま行ったが、打線は8回裏に浅尾を1死満塁まで攻めながら、川端・バレンティン凡退、9回も岩瀬から1死2塁としたが、相川・慶三凡退で終了。

バカなエラーふたつが失点に直結したわけで、一昨日の試合の裏返し。
ちなみに9回はちょっと消極的過ぎたかもしれない。とにかく同点という攻め方だったが、そのまま行くとトニーに代打が出て、次の回に向けて準備してたのはバカボンだった。いずれにせよ、10回表で終わっていたような気が…(正直、今年はあまり信用してない>バカボン)。

それにしても、また草野球みたいなエラー連発でがっかりした。今日は勝つ資格のない試合だったと思う。まあ、中日もあんまり勝ちたくなさそうな試合ぶりだったけどねえ…。
1909667774_222
1909667774_80

|

« セリーグ ヤクルト対中日(8/13) | トップページ | イースタンリーグ 日本ハム対ヤクルト(8/16) »

「ヤクルトスワローズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/57999835

この記事へのトラックバック一覧です: セリーグ ヤクルト対中日(8/15):

« セリーグ ヤクルト対中日(8/13) | トップページ | イースタンリーグ 日本ハム対ヤクルト(8/16) »