« ヤクルト対國學院大学(8/11) | トップページ | セリーグ ヤクルト対中日(8/13) »

イースタンリーグ ヤクルト対DeNA(8/13)

2013.8.13(火) 13時 戸田
B 210402003 12
S 200001300 6
[敗]赤川、[勝]井納
[H]S:佐藤(長田)、B:森本(赤川)

戸田観戦は3戦連続だけど、イースタンのリーグ戦は久しぶり。

先発は赤川と井納。初回は双方、四死球1に被安打3と互角のひどい立ち上がりで2対2で終わったが、2回以降、井納が立ち直って、6回に荒木のツーベースから水田のタイムリーで1点失うまで、危なげないピッチングをしたのに対し、赤川は一向に良くならない。DeNAの二盗に対する西田の再三の送球ミスも絡んだとはいえ、2回に1失点、4回にもひちょりのホームランに白崎のスリーベース、自身の暴投で4失点して、この回で降板。話にならない。
後を受けた大場も5回は無難だったが、6回に制球を乱して2失点。それでもその裏に水田のタイムリーで1点返すと、1軍から落ちてきた江村が2イニングをきっちり抑えて、1軍で成長したなというピッチングを見せ、7回裏にはDeNA2番手長田が独り相撲の2四球で出したランナーを置いて、タカノリがライトへスリーランで3点差。案外分からないかも、という所まで詰めたんだが…。
9回表は太田が登板。元々ほとんどいいピッチングを見たことがないし、一昨日、國學院大学相手にも、1イニング終えるのに苦労していたピッチャー…。それでもヘロヘロながらも2死1-2塁までこぎ着けたが、そこで四球を出し満塁。高城に走者一掃のセンターオーバーを打たれて万事休した。

個人的には、何か大きな変化がない限り、太田はまず見込みがないと思っているので、最終回はまあしょうがないと思うんだが、赤川は酷すぎる。去年までも、なぜ勝てるのかよくわからんピッチャーだったけど、ある意味、魔法が解けた、のか? そうはいっても、今年もチームが1軍の先発として想定していたピッチャーなんだからねえ。これはないだろうという感じ。 何が悪いのか、というか、チームの目算が甘すぎるのか(それは日々感じているが…)。
1909487976_16
1909487976_246

|

« ヤクルト対國學院大学(8/11) | トップページ | セリーグ ヤクルト対中日(8/13) »

「ヤクルトスワローズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/57999747

この記事へのトラックバック一覧です: イースタンリーグ ヤクルト対DeNA(8/13):

« ヤクルト対國學院大学(8/11) | トップページ | セリーグ ヤクルト対中日(8/13) »