« 感想「神の火を制御せよ」 | トップページ | 感想「死刑」 »

感想「日本を決定した百年」

「日本を決定した百年」 吉田茂 中公文庫
昔の首相の本。
前半は幕末から太平洋戦争後の復興までの歴史をたどったもの(ただし実際に書いたのは高坂正堯だろうと解説には書いてある)。後半は太平洋戦争末期から戦後の復興期についての回想録的な随筆。真ん中に幕末から太平洋戦争直前の時期の、外国人による日本を評した文章を選んで挟んでいる。

これを読んでいて、「保守」ということについて考え直した。「保守」というのは「古き良き日本」を守り続けるという考え方だと思っていて、俺は1970年代以降に物心がついて、当時の「保守」対「革新」の構図が頭に残っているから、漠然とそれは昭和30年代あたりを対象に想定してると思っていた。でも、考えてみたら吉田茂が居た昭和20年代にそれはありえないし、その時代の保守思想の対象は戦争以前しかない。
ということはつまり、本質的に「保守」というのは太平洋戦争をやっちまった連中と実は大して違いはない? へたな戦争をしなければ、でかい大日本帝国を維持出来たのに、くらいのことを考えている?。
少なくとも、この本を読んでいて、吉田茂にそういう雰囲気を強く感じた。

もちろん、欧米諸国がまだ世界中に植民地を抱えていた時代だし、吉田茂に関しては、主流から外れて軍に命も狙われかねない立場に居たとはいえ、戦前の政府で要職に就いていて、本書の記述から見る限り、戦時下でも結構優雅な生活をしていたらしいことを考えれば、そういう思想なのは、当然と言ってもいいくらいだけど。
それに、その後、世界情勢とか、不当な格差や差別とか、いろんなことが変わるにつれて、「保守」という考え方も影響を受けて変わってきているはず…。

とは思うんだけど、本当のところはどうなんだろう。俺は自分が元々漠然と考えていた定義に照らして、今や「保守」政党ってのは、むしろ言葉の意味的には社民党あたりを指すんじゃないかと思っていたし、今の自民党は保守というより極右だろうと思っていたが、吉田茂の時代の定義まで遡れば、確かに自民党はかなり「保守」なんだと思う。ただ、いろんな状況が変わった現代に、そんな昔の「保守」を崇めることは、害悪でしかないと思うけれど。

もうひとつ気になるのは、俺みたいに勘違いしてて、昭和30年代あたりを保守の対象と考えていて、そういう時代へのノスタルジー(「三丁目の夕日」みたいなやつ)から、「保守」政党を支持してる人間が、結構居るんじゃないのか、ということだ。もっとも、昭和30年代へのノスタルジーってのも、それはそれで、かなり間違ってるとは思うんだが。

それにしても、吉田茂のこの盲目的な英米崇拝は何なんだろう。全体的にも、いかにも視野が狭くて、調子のいいことばかりが書かれている。一般的に偉人とされている人物なのに、こんな程度だったのか、と思うくらい。もっとも、外交官出身だし、政治家だったわけだから、腹にあることすべてを、この本で明かしてるとは到底思えないが。
(2013.7.2)

|

« 感想「神の火を制御せよ」 | トップページ | 感想「死刑」 »

「小説以外の本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/58038053

この記事へのトラックバック一覧です: 感想「日本を決定した百年」:

« 感想「神の火を制御せよ」 | トップページ | 感想「死刑」 »