« トップイースト1部セコム対横河武蔵野 | トップページ | セリーグ ヤクルト対巨人(9/25) »

イースタンリーグ ロッテ対西武(9/23)

2013.9.23(月) 13時 ロッテ浦和
L 010000000 1
M 00002100X 3
[勝]大嶺、[S]小野、[敗]小石
[H]M:田村(小石)、清田(小石)

今季のイースタンは8月末に見たっきり、しかもその後、行く気でいた戸田の試合が雨で流れていて、なんとなく収まりが悪いままになっていたから、ヤクルト戦じゃないが、ロッテ浦和へ行ってみることにした。多分、これが今季最後のイースタン観戦になると思う。

まあ、ロッテが負ければヤクルトのイースタン優勝が決まるという試合だったらしいので、まんざら、ヤクルトに無関係というわけでもない。もっとも、今年のイースタンの優勝は、個人的にはほとんどモチベーションが上がってなくて、かなりどうでもいいと思ってる。ヤクルトの今季のチーム運営に関して、いろいろ不満を感じながら見てたせいかもしれない。

ちなみに、ロッテの今季イースタンリーグ、ホーム最終戦。

試合は大嶺と小石の先発。大嶺は若干制球に不安感のある立ち上がりだったが、2回表の西武の先制点は気の毒過ぎた。あっさり2死取った後、美沢の平凡な内野フライをショートの高濱が落球。さらに続く水口のなんてことない内野ゴロを、また高濱が捕り損なってセンター前へ抜けさせて、2死1-3塁。次打者の打席で水口が二盗。捕手からのセカンドへの送球が、見てなかったんだが(セカンドベースの方を見ていたのと、投手の方向は一塁コーチが重なっていて、よく見えてなかった(^^;)、大嶺のグローブに当たったらしく、その間に美沢が還った。多分、ダブルスチールで、大嶺は捕手の送球をカットしようとしたんじゃないかと思うんだが、見えてなかったんで、ただの推測。いずれにしても、西武が先制。
小石はかなりいい出来でロッテ打線を手玉に取ってる感じだったが、5回裏に先頭の高濱に四球。高濱はその回の表にファインプレーを見せて、スタンドを苦笑させてたが、その勢いが残ってたかな。その後、青松、翔太が、ライトへ大きい飛球。どっちも右飛止まりだったんだけど、続く田村が、ついにライトフェンスの向こうへ運んで逆転ツーラン。
さらに6回には清田がバックスクリーン横へホームランで3-1。
以降は試合はとんとんと進み、9回表。8回からロッテ3番手で登板していた南が、1死後水口にヒットを打たれ、さらに粘られて木村と斉藤に連続四球で満塁にしてしまう。ここで小野がリリーフで登場。ロッテファンが妙に沸いているのは、単純に大物が出てきたからかと思ったんだが、小野は今年で引退というのを、後で知った。そりゃあ、沸くよなあ。元々は2死後に出すつもりだったんじゃないかと推測してるロッテファンも居た。
で、小野が次打者の石川を二直に仕留め、これがゲッツーになって試合終了。ヤクルトの優勝は明日以降に持ち越し、というか、ロッテが優勝の可能性を残したというべきか。

試合後は、ホーム最終戦ということで、スタッフ・選手の3塁側スタンドへの簡単な挨拶があり、そこまで見て出てきちゃったんだけど、その後、小野の胴上げがあったぽい。引退と知っていれば、予想して、そこまで見てきたんだが。ちょっと残念(^^;。

まあ、節目の試合だったし、見てて面白かったから、他人の(^^;試合でも見に行った甲斐はあった。よかった。
20130923kyujo1
20130923flag
20130923board
20130923bow

|

« トップイースト1部セコム対横河武蔵野 | トップページ | セリーグ ヤクルト対巨人(9/25) »

「野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/58253648

この記事へのトラックバック一覧です: イースタンリーグ ロッテ対西武(9/23):

« トップイースト1部セコム対横河武蔵野 | トップページ | セリーグ ヤクルト対巨人(9/25) »