« セリーグ ヤクルト対阪神(9/15) | トップページ | J1リーグ第26節名古屋対東京 »

セリーグ DeNA対ヤクルト(9/18)

2013.9.18(水) 18時 横浜スタジアム
S 000220100 5
B 021001000 4
[勝]石川、[敗]三嶋
[H]S:飯原(三嶋)、バレンティン(三嶋)、ユウイチ(三嶋)、B:多村(石川)、後藤(石川)

今年2度目のハマスタ。

2回表無死1塁(相川のヒットだったらしい)から見ていた。スコアは0対0。先発は石川と三嶋。得点できずにその裏、多村と後藤の連続ホームランであっさり先制される。3回には無死1-2塁で中村の併殺打の間にもう1点。今年の石川らしいズルズルだなあと思っていたが…。
4回表に飯原がホームラン。さらに相川森岡の連打でもう1点。
5回表にはバレンティンの58号で同点。さらにユウイチがホームラン。連続ホームラン返し(^^;)で逆転。
しかしこの後がしまらない。

6回裏、1死1-2塁で三ゴロを川端がセカンド山田に送球して一死、しかしゲッツーを狙った山田がファースト方向へ大暴投。二走が帰って同点。さらに次打者の二ゴロを山田がファンブル。また2死1-2塁のピンチになったが、ここは石川が代打モーガンを三振で打ち取って凌いだ。
7回表はDeNAのピッチャーは大田で、打順は1番山田だったが、代打ヒロヤス。よく代えたと思う。代えるべきなんだけど、ヒロヤスの低打率を考えると…。しかしここはヒロヤスが四球を選んで出る。さらに上田のバントを黒羽根が悪送球で無死1-2塁。川端がセフティーバント失敗で1死1-2塁になったが、バレンティンがきっちりタイムリーを打って勝ち越し。全体的に草野球的ではあるが、まあとにかく再度勝ち越し。

以降はトントンときて、5対4のまま9回裏に入った所で撤退。帰り遠いし、雰囲気的に、勝ったなという感じだったし。で、そのまま勝った。

石川はホームラン連発はいただけなかったが、それ以外はよく投げたと思う。山田がふたつ、川端ひとつの3エラーで足を引っ張られても、少ない失点で持ちこたえた。久々に、ちょっと、らしさを見た感じ。
まあ、バレンティンのホームランも見れたし、いい試合だったかなと(^^;)
20130918kyujo
20130918stand
20130918board

|

« セリーグ ヤクルト対阪神(9/15) | トップページ | J1リーグ第26節名古屋対東京 »

「ヤクルトスワローズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/58239695

この記事へのトラックバック一覧です: セリーグ DeNA対ヤクルト(9/18):

« セリーグ ヤクルト対阪神(9/15) | トップページ | J1リーグ第26節名古屋対東京 »