« J1リーグ第26節名古屋対東京 | トップページ | トップイースト1部東京ガス対ヤクルト »

トップイースト1部栗田工業対日本IBM

2013.9.21(土) 13時 秩父宮 

 栗田工業ウオーターガッシュ 66(26−3)15 日本IBMビッグブルー 
               (40−12)

今季初観戦のトップイーストdiv1。

スコアボードが壊れて、1/3くらい、表示が消えていたが、試合中に復活した。

開始直後から栗田工業がいいテンポで攻め続けて、きれいな展開を作りながらトライを連取。ただ、ちょっと雑な所も目立ち、15分に19対0にしてから追加点が止まった。最悪の入り方をしてしまったIBMが落ち着いてきた。28分にとりあえずPGで3点返したし、なんとかワンサイドゲームにせずに持ちこたえるかなとも思えたんだが、前半ロスタイムにトライを決められ、流れが決まってしまった。
後半は立ち上がりから栗田工業のトライの嵐。25分までに52対3。そこで栗田のSHがラフプレイでシンビンになったが、さらに追加点で59対8。しかしその後、今度は12番がハイタックルでシンビンになると、さすがにIBMがそのPKからのラインアウトから、モールで押し込んでトライ。その後、終了前に双方1トライづつ取り合って、66対15で終了した。

まあ、順当な結果だろうと思う。栗田工業を公式戦で見たのは初めてで、外国人選手も出ていて、先日、ヤクルトとのオープン戦で見た手堅い雰囲気とは違う、結構華やかな展開も見せるラグビーだった。ただ、相手との力の差があったせいか、だいぶ雑だった印象は否めないかな。
IBMは今年も厳しいか。
20130921board1
20130921kyujo1

|

« J1リーグ第26節名古屋対東京 | トップページ | トップイースト1部東京ガス対ヤクルト »

「ラグビー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/58239754

この記事へのトラックバック一覧です: トップイースト1部栗田工業対日本IBM:

« J1リーグ第26節名古屋対東京 | トップページ | トップイースト1部東京ガス対ヤクルト »