« J1リーグ第24節鳥栖対名古屋 | トップページ | 平和台球場跡、レベスタ »

大宰府、筑前国分寺跡

鳥栖対名古屋の試合を見た後、福岡市内で一泊し、翌日は観光。
メインターゲットは筑前国分寺跡。これも大宰府にあることまでしか調べていなかったので、前日の筑後国分寺跡の空振りを考えると、かなり不安になった。ただ、大宰府なので、国分寺が空振りでも天満宮を見ればいいやと思った。
西鉄の太宰府駅で降りたが、時間が早すぎて観光案内所が開いてない。もっとも、天満宮は駅の近くで、道案内も山ほど出てるから、問題なく行けた。
1910984524_145
1910984524_126
天満宮の境内にはそれなりに人が居たけど、半分以上、中国人(大陸か台湾かはわからない)の団体旅行客だったようだ。
参道のそこいら中で、梅が枝餅というのを、焼きながら売ってた。焼き売りだから、ここでしか買えんのかなと思ったが、後で、博多駅でも福岡空港でも売っているのを見かけた。
1910984524_59

しかし、朝方は小降りだった雨が、どんどん激しくなってきた。天満宮の中を一回りして、駅に戻ってきた頃には、靴もバッグも水浸し状態。
開いていた観光案内所で、地図を貰って見てみると、国分寺の場所が書いてある。ざっと見て、駅から3kmくらい? 土砂降りの雨を見て、ためらったが、こんな所に来る機会はそうそうないと思って、覚悟を決めて歩き出した。

大宰府の政庁跡は、天満宮と国分寺の真ん中辺にあって、通りすがりだったので寄ってみた。ただこの時間帯は半端でない豪雨で、ほとんどやけになっていたけど(^^;。
政庁跡自体は、ほんとに跡で、ぱっと見、何もない。原っぱが広がってるだけ。平安末期には、もうほとんど何もなくなっていたらしい。でも、近頃、そういう何もない風景も風情があるかなと思っているので、悪くなかった。国分寺址へ行こうとしてるのも、それが理由だし。
1910984648_35
1910984648_43
1910984648_166
天気が良ければ良かっただろうけど、雨に煙っているのも、遺跡ぽくて味があるかなと思ったり。
近くには展示館があるのも見かけたんだけど、なにせ雨がひどくて、最悪電車が止まっちゃうかも、という懸念もなくもない状況。先を急ぐことにして、寄るのはやめた。

それはそうと、大宰府って、なんとなく海沿いなのかと思っていた。こんな内陸だとは知らなかった。川が近くを流れているので、これで海と繋いでいたのかな、とも思うが、そんなに広い川でもない。もっとも、平安時代以前は、もっと広い川だったのかもしれないが。

そして、豪雨の中をなんとか国分寺にたどり着いた。先に国分尼寺跡があり、ただし、ここも野原。そもそも発見された時点で、礎石が一個残ってただけだったらしい。その礎石も取り外して、近くの展示館へ持って行ったそうだから、本当に何もない原っぱ。
1910984755_109
国分寺は尼寺から300mくらいの所。後継の寺は隣に建ってるが、国分寺跡自体は、やっぱり原っぱ。どこもこうなんだなと改めて思った。
1910984755_134
1910984755_202
原っぱを一回りした後、撤退して、西鉄の都府楼前駅へ出て、そこから福岡へ向かった。

|

« J1リーグ第24節鳥栖対名古屋 | トップページ | 平和台球場跡、レベスタ »

ぶらぶら」カテゴリの記事

国分寺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/65431745

この記事へのトラックバック一覧です: 大宰府、筑前国分寺跡:

« J1リーグ第24節鳥栖対名古屋 | トップページ | 平和台球場跡、レベスタ »