« 感想「帰郷」 | トップページ | 天皇杯2回戦名古屋対長野 »

感想「掏摸」

「掏摸」 中村文則 河出文庫
家に転がっていたので読んでみた。
スリの男が、謎めいた男が支配する犯罪組織に巻き込まれる話だけど、ミステリじゃない。純文学?
スリのテクニックは細かく書き込まれていてリアルに見せているけど(本当にどこまでリアルなのかはわからないが)、謎の男や犯罪組織の方は、根拠なく完璧さが強調されているので、浮き世離れしたファンタジーのよう。その辺のアンバランスさに違和感を覚えたが、それは俺がこの小説を、どうしても犯罪小説として読もうとしてしまうからかもしれない。
多分、作者は、主人公が理不尽に何者かに一方的に支配される構図を描きたかっただけで、それにはこういうフォーマットが手頃だったというだけのことなんだろうと思う。だから支配する存在は抽象的で作り物くさくても構わないんだろう。
でも、大江健三郎賞を取ったりとか、高い評価を受けてる小説らしいんだが、どういうところがそういう評価の対象なのか、俺にはよく分からなかった。
それこそ犯罪小説だったら、こんな構図の小説はいくらでもありそうだし、そっちの方が話ももっとちゃんと作ってると思うし。
まあ、俺には合わない小説ということなんだろう。

|

« 感想「帰郷」 | トップページ | 天皇杯2回戦名古屋対長野 »

「小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/58152879

この記事へのトラックバック一覧です: 感想「掏摸」:

« 感想「帰郷」 | トップページ | 天皇杯2回戦名古屋対長野 »