« 天皇杯3回戦 浦和対山形 | トップページ | 感想「抱影」 »

J1リーグ第29節仙台対名古屋

2013.10.19(土) 14時 ユアテックスタジアム仙台
観客 15178人 主審 福島孝一郎 副審 高橋佳久、川崎秋仁

 ベガルタ仙台 2(0−0)1 名古屋グランパス  
         (2−1)

 得点 48分 仙台・ウィルソン
    56分 名古屋・玉田
    90+3分 仙台・ウィルソン

現地観戦。

故障者やら出場停止やらで、CBが牟田とダニエルという緊急事態。それと、ジョシュアがスタメンを外れて、ここんとこブレーキだったからだろうなと思った。玉田と永井のツートップに小川と藤本が絡む形。
しかしまあ、この攻撃がサッパリ機能しないわけで。ジョシュアがいればな、的なクロスは何本かあったが、基本、そういう攻撃しか練習してないんでは?
仙台の攻撃もいまいち鋭さがなかったけど、ダニウソンから発せられる適当なパスに詰めて、チャンスを作ることは出来ていたから、その分、名古屋よりも得点の匂いはしていた。
ただ、心配してたCBコンビがよくやっていた。牟田は最初にチョンボをやらかしたけど、それで特に動揺した風でもなく、堅実にやってたし、ダニエルはダイナミックな好守連発。終盤に裏返しのダイナミックなやらかしプレーが出るのが怖かったけど、それもなかったし。

でも、後半立ち上がりに、CKからのこぼれ球をウィルソンに押し込まれて失点。
そのまま事態好転の兆しもなく、ついにしびれを切らしたピクシーが直志にかえてジョシュア投入。
前線にターゲットが出来て攻めやすくなったのか、そこから名古屋が攻勢に出るようになり、12分に仙台のパスミスを永井が追っかけて拾って、玉田へパス。きっちり決めて同点。
もっとも、ゴール前で永井がパスしやがった時には殺してやろうかと思ったが(その前にも似たような場面があった)、タマがきっちり決めたので…(^^;)
以降は結構、名古屋優位で試合は進んでいたように思える。決め手は欠いたが…。気の利かないプレーが目立った小川を磯村に代えても、それほど変わり映えはしないし(元気は元気だったと思う>磯村)、ダニウソンを田口に代えたのはむしろ失敗じゃなかったかと。ロスタイムに入るあたりからめっきり押し込まれ始め、CKをなんとか凌ぐのを繰り返していたが、カウンターでの得点機を逸した直後、逆にカウンターを食らい、その流れで失点。そのまま終了。

後半、攻勢に出た時間帯は、それなりに面白かったし、今日の失点はちょっと不運もあったか(少なくとも明らかなミスによる失点という感じではなかった)という気がしたので、ガッカリはしたけど、そんなに腹の立つ試合ではなかった。ここんとこ見た試合の中ではマシな方だったと思う。
でもまあ、今のチームでは、これが限界なんだろうな、という感じではあった。
潮時だよね、やっぱり。
20131019board
201310109pitch
20131019nyujo

|

« 天皇杯3回戦 浦和対山形 | トップページ | 感想「抱影」 »

「名古屋グランパスエイト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/58420909

この記事へのトラックバック一覧です: J1リーグ第29節仙台対名古屋:

« 天皇杯3回戦 浦和対山形 | トップページ | 感想「抱影」 »