« 感想「われわれは99%だ」 | トップページ | セリーグ 巨人対ヤクルト(10/8) »

感想「日本の歴史をよみなおす(全)」

「日本の歴史をよみなおす(全)」 網野善彦 ちくま文庫
日本(今、日本と言われている地域というべきか)を構成していたのは、どういう人たちだったかという観点から、日本の歴史を概観していく内容。
根底には、昔の日本は農民が主体の社会だったと一般的に思われてるが、それは違う(農民以外のいろんな人たちがいた)という異議申し立てがあるんだけど、特に日本史を専攻した経験がない俺にしたら、一般的にはそう思われてるんだ?、というくらいだったりする。山の中や海辺に住んでれば、田んぼは作りにくいだろうし、その場に合った生活をするのが当たり前だろうと思うし。ただ、「百姓」は本来、農民という意味じゃなかったというのは、なるほどだった。文字から読み取れる通り(百の姓)、単に普通の人、庶民という程度の意味だったそうで。水呑百姓ってのも、単に田んぼを持ってないというだけで、別に収入源を持っている資産家も含む言葉だったとか。なぜそれが間違った形での理解が広がったかというと、世の中の実態とは無関係に、権力者が農業をベースにした世の中を支配する仕組みを構築したからなんだとか。
そういう新たな視点から歴史を見直していくと、いろいろな物事の見え方が違ってくるし、江戸と明治の連続性も浮かんでくる、というようなことも書かれている。
もうひとつのポイントは日本の歴史の最も大きな転換点は南北朝の頃にあったという話で、その時代を境にして、女性の地位の低下、賤民の発生が起きたんだとか。その背景には、人間を超えた存在に対する畏れが薄らいだことがあり、それを前提にして成り立っていた社会構造が大きく変化したというようなこと。
ここにも、女性や賤民の立場が、昔からこんなだったわけではなかったという、視点の転換があるな、と。

書かれている日本の歴史という題材自体も興味深いけれども、常識のように思われていることも、それに反するデータがあるのなら、疑ってかかることが必要だし、それによって新しい事実が見えてくるというのが、著者の基本姿勢と思った。当たり前のことではあるが。
つまりは、常識だからとか、伝統だからと言って、無批判に受け入れる、従うのは間違ってる、ということに尽きるかな。
(2013.10.5)

|

« 感想「われわれは99%だ」 | トップページ | セリーグ 巨人対ヤクルト(10/8) »

「小説以外の本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/58344116

この記事へのトラックバック一覧です: 感想「日本の歴史をよみなおす(全)」:

« 感想「われわれは99%だ」 | トップページ | セリーグ 巨人対ヤクルト(10/8) »