« トップイースト1部ヤクルト対セコム | トップページ | 感想「謎の独立国家ソマリランド」 »

感想「4522敗の記憶」

「4522敗の記憶」 村瀬秀信 双葉社
サブタイトルは、「ホエールズ&ベイスターズ涙の球団史」。大洋ホエールズ~横浜DeNAベイスターズのファンのライターが、ファン目線で、おおむね初優勝した1960年以降のチームの歴史を書いた本。
月並みな言い方だけど、チームへの愛情がヒシヒシ伝わってくる感じ。対象がベイスターズってのが、またいいわ。多分、今は一番、こういう本を書いて、いやらしさが出ないチームだと思う。
他人のチームながら、いろいろ泣かせる所がある。まあ、実際はそんな綺麗事だけじゃないだろうなという部分もあるけれど(というか、そもそも、かなり悲惨な現実の上に書かれているわけで)、これくらいのロマンは信じたいよなと思わせてくれる。それがプロ野球ってものの役割でもあると思うので。

もっとも、所詮、他人のチームについての本だから、こういう感想なのかも知れない。自分のチームだと、いろいろ思う所があり過ぎて、そんなに単純には割り切れないような気はする。

自分のチームに関しては、現実問題として、来年以降のスワローズが2000年以降のベイスターズみたいにならないことを祈りたいなと。いろいろな条件が違ってはいるにしても、似たような兆候も、決して少なくないからねえ。
(2013.10.27)

|

« トップイースト1部ヤクルト対セコム | トップページ | 感想「謎の独立国家ソマリランド」 »

「小説以外の本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/58528089

この記事へのトラックバック一覧です: 感想「4522敗の記憶」:

« トップイースト1部ヤクルト対セコム | トップページ | 感想「謎の独立国家ソマリランド」 »