« スワローズファン感謝デー | トップページ | トップイースト1部栗田工業対ヤクルト »

J1リーグ第32節名古屋対柏

2013.11.23(土) 17時 豊田スタジアム
観客 17483人 主審 村上伸次 副審 相楽亨、五十嵐泰之

 名古屋グランパス 3(1−1)2 柏レイソル 
             (2−1)

 得点 19分 名古屋・小川
    41分 柏・太田
    60分 名古屋・小川
    81分 柏・工藤
    90+3分 名古屋・ダニエル

2時間遅れのNHKBSの録画中継で見た。気分的にはほぼリアルタイム。

柏戦らしいオープンな(^^;)試合。取って取られての繰り返し。引き分けでおしまいか、と思ったら、最後にダニエルの劇的な決勝ゴールで3対2で勝った。第三者的に見てれば、面白い試合だったんじゃないかな。
まあ、俺も、またかよ、と思う以外は面白かったけど。ダイナミックな展開から作ったチャンスがいくつも見れたし、小川の2ゴールは今年好調だった頃を思わせるいいシュートだった。失点も、まあしょうがないかな、という感じだったし。柏の状況の変化に合わせたフォローが見事だったと思う。
ただ、あれだけチャンスを作りながら、ここまで接戦になったのはどうかと思うが。決定機をきっちり決めてれば、早々に勝敗のケリはついてた試合だと思うよ。ジョシュアもジュンゴも永井もシュートは狂い放しだった。それ以外のプレーは悪くなかったから、難しい所だけど。ただ、特に永井なんかは、攻撃の組立や守備にもよく顔を出して、頑張ってたとは思うんだけど(小川の2点目は永井の浮き球パスのアシスト)、シュートがいまいちって、それでいいんだろうか?
あれだけ逸機しながら勝てたのは、中盤で競り勝ってボールを奪ってチャンスに繋いだ回数がそれだけ多かったからだし、そういう意味でも、悪い試合ではなかったとは思うけれどね。
ただ、優勝戦線で前節の試合やこういう試合を続けていれば、気持ちの盛り上がりは全然違っただろうなとは思う。2008年や2010年を思い出すよ。まあ、それがおやじさんの最後の置き土産ということか。

それにしても、戦力外通告されたという3人のDF…。
ハユマはちょっと元気なかった気がしたが、序盤にディフェンスでゴールポストに衝突する場面があって、その時にかなり大きい負傷をしていたらしく、それを考えたら、むしろ元気すぎたくらいかもしれない。アベショーも頑張ってたし、増川は前節の印象も込みで、ちょっと良かった頃のイメージに戻ってきてるかも、と思う。本当に彼らを放出して来年大丈夫? 支出の削減が必要としても、切るべき場所を間違えているとしか思えない。

|

« スワローズファン感謝デー | トップページ | トップイースト1部栗田工業対ヤクルト »

「名古屋グランパスエイト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/58656101

この記事へのトラックバック一覧です: J1リーグ第32節名古屋対柏:

« スワローズファン感謝デー | トップページ | トップイースト1部栗田工業対ヤクルト »