« 感想「謎の独立国家ソマリランド」 | トップページ | 感想「エロマンガ島の三人」 »

感想「三陸海岸大津波」

「三陸海岸大津波」 吉村昭 文春文庫
2011年のではなく、明治29年(1896年)と昭和8年(1933年)に三陸海岸を襲った大津波について、当時の資料や証言を掘り起こした本。1960年のチリの地震で来た津波被害にも触れている。1970年に初版刊行。この文春文庫版は、2011年の震災の後に再版がかかって、店頭に平積みになってたのを覚えてる。

震災や津波被害のディテールは、それなりに興味深いけれども、2011年の後では古い話に見えてくるのは仕方ない。
どっちかというと、日常の中では、大災害も簡単に風化してしまうことの方が、印象は強い。1933年時点で、前の大津波から40年も経っていないのに、危険な場所にわざわざ戻って住んでいた住民がたくさんいたわけだ。漁に出るのに不便だからとか、日常生活の利便性の前には、いつか必ず来るにしても、いつ来るかは分からない大災害や大事故なんて、結局、簡単に意識の外に置かれてしまうということだよな。当時は今よりも圧倒的に情報量が少ない時代だったにしても、それ以前からも度々津波の被害が起きていた土地柄なんだから、住民にまるで知識がなかったとは思えない。知っていてもやってしまうんだな。
1933年から80年開いた2011年も結局、過去の教訓が生きなかった場所が方々にあったようだし。本書で津波に対する備えを賞賛されている田老町も、大きな被害を受けてしまっている(ただし、ここの場合は、教訓が生きなかったというよりは、過去の経験から想定した以上の津波が来たということのようだけど)。
巻末に、今はいろいろな形で警戒しているから、もう津波の犠牲者はあまり出ないと思う、という言葉があるんだけど、むなしい感じがする。もっとも、この言葉の「今」は1970年だから2011年の40年も前のわけだ。開発の状況なんかが全く違ってるはずだから、単純に比べるのは不可能だが、2011年の地震が1970年に来ていたら、もう少し教訓は生きたんだろうか。

それはそれとして、反原発のような運動も、そういう世の中の忘れっぽさ、日常への埋没を乗り越えていかないと、結果には繋がらない。容易なことじゃないよなと思ったりする。
(2013.11.1)

|

« 感想「謎の独立国家ソマリランド」 | トップページ | 感想「エロマンガ島の三人」 »

「小説以外の本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/58528233

この記事へのトラックバック一覧です: 感想「三陸海岸大津波」:

« 感想「謎の独立国家ソマリランド」 | トップページ | 感想「エロマンガ島の三人」 »