« 感想「チェルノブイリ・ダークツーリズム・ガイド」 | トップページ | トップリーグ2ndステージ第7節サントリー対ヤマハ »

トップリーグ2ndステージ第7節リコー対クボタ

2014.1.18(土) 12時 秩父宮

 リコーブラックラムズ 28(7−6)13 クボタスピアーズ
              (21-7)  

トップリーグ最終節。
クボタはほとんど何もかかってないが、リコーは負けると入替戦行きの可能性が残る試合。

当然モチベーションはリコーの方が高かったが、いかにもリコーらしい試合運びのまずさで後手を踏む。インゴールでノックオンとか(^^;)。クボタがPG2つで先行。それでも前半35分にリコーがようやくトライを決めて逆転。
それで吹っ切れたのか、後半は立ち上がりからリコーが圧倒。怒涛の3トライで大きくリード。メンバーを入れ替えた終盤、クボタに反撃されたが1トライに抑え込み、リコーが自力で入替戦回避を決めた。

終わってみれば、ヘタレてはいても、追い詰められると結構強いリコーと、おっとりした芸風のクボタが、この状況で戦えば、当然こうなるという試合だったかもしれない。

それにしても、いきなりスコアボードがちっちゃくなっていて、びっくりした(^^;。改修が始まったらしい。
20140118board
20140118board1

|

« 感想「チェルノブイリ・ダークツーリズム・ガイド」 | トップページ | トップリーグ2ndステージ第7節サントリー対ヤマハ »

「ラグビー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/58987625

この記事へのトラックバック一覧です: トップリーグ2ndステージ第7節リコー対クボタ:

« 感想「チェルノブイリ・ダークツーリズム・ガイド」 | トップページ | トップリーグ2ndステージ第7節サントリー対ヤマハ »