« 全国高校選手権2回戦初芝橋本対市立浦和 | トップページ | トップリーグ2ndステージ第5節キヤノン対パナソニック »

全国高校選手権3回戦富山第一対市立浦和

2014.1.3(金) 12時05分 浦和駒場スタジアム

 富山第一 3(3−1)2 市立浦和
       (0−1)

連日の高校サッカー。今日は市立浦和のホーム(^^;、駒場。

立上り、富山第一の方がスキルはあるが空回り気味で、身体能力では上回っているように見えた浦和がやや押し気味だった印象。でも序盤に2回ほどあった決定機を浦和が決め損ねた後の16分、浦和ゴール前で富山のFW渡辺がDF2人に挟まれながら、うまく間を抜いてシュートを打って先制。これで富山がリズムをつかんで、一方的に攻め始めた。25分に中盤からのスルーパスに反応してペナルティに走り込んだ西村?がGKに倒されPK。これを大塚が決めて2-0。25分にも細木?からのスルーパスで抜け出た渡辺が、GKとの1対1をきっちり決めて3-0。さらに富山の攻勢は続き、これは虐殺か?と思ったんだが、なんとか耐えた浦和が、ロスタイムに鍛冶がゴール前で粘った末に、ゴール右上隅に叩き込む気合のゴールで1点を返す。
後半に入ると、めっきり富山の動きが落ちたように見えた。浦和は大会2試合目だったが、富山は3試合目で、その差が疲労で表れたらしい。前半、ルーズボールの競合いで完敗だった浦和がボールを取れるようになって攻勢。57分に小林からのクロスをゴール前で稲辺がボレーで合わせると、綺麗にゴールに吸い込まれて3-2。その後も浦和は攻め続け、鍛冶が中盤からドリブルで5人くらいを抜いてゴール前へ迫る場面もあったりしたんだけど、フィニッシュまでうまく結びつかない。徐々に富山も息を吹き返して、後半の後半は拮抗した展開になり、結局そのまま試合終了。富山が逃げ切った形。

浦和は体格で上回ってる所をうまく生かし切れなかった感じ。ただ、日頃、そういうサッカーはやってないのかもしれない。予選をテレビで3試合ちょろちょろ見て、昨日の2回戦を生で見た印象でもそうだった。あと、昨日から前線の選手の入替をしていて、それが微妙に影響した気もする。故障者が出たりしたのかな。
基本的には本来のプレースタイルが、割と似てるチーム同士だったんじゃないかと思う。だからスキルで上回ってた分、富山が有利だったのかなと。ちなみに、富山の左SB竹澤が印象に残った。小柄だけど運動量は多いし、長いクロスも正確に蹴っていた。
浦和的には、昨日とは全く逆の展開になってしまった。ゴールは両方、けっこうスーパーだったんだけど。そこも昨日と逆だった(^^;。ただまあ、2日とも、最終的には拮抗した試合になって、面白く見れたからよかった。
20140103board
20140103pitch

|

« 全国高校選手権2回戦初芝橋本対市立浦和 | トップページ | トップリーグ2ndステージ第5節キヤノン対パナソニック »

「サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/58878291

この記事へのトラックバック一覧です: 全国高校選手権3回戦富山第一対市立浦和:

« 全国高校選手権2回戦初芝橋本対市立浦和 | トップページ | トップリーグ2ndステージ第5節キヤノン対パナソニック »