« 日本選手権2回戦 ヤマハ対神戸製鋼 | トップページ | 感想「史記 武帝紀(六)」 »

感想「サイモン・アークの事件簿V」

「サイモン・アークの事件簿V」 エドワード・D・ホック 創元推理文庫
8篇収録の短篇集。本書収録作は、初期作の方に、重苦しい雰囲気が強い。IVまでも、初期の方が怪奇色が強めな印象はあったけど、雰囲気についてはどうだったかな。ちょっとよく覚えてない。
すっきりまとまってるのは70年代以降の作品で、話の落とし方がいいと思ったのは「シェイクスピアの直筆原稿」。「パークアヴェニューに住む魔女」はうまいトリックだと思った。
アークものの短篇集は、この5冊目で一区切りつけるらしい。次のホック短篇集の企画があるなら、レオポルド警部ものをまとめるとか、その辺かな。
(2014.2.19)

|

« 日本選手権2回戦 ヤマハ対神戸製鋼 | トップページ | 感想「史記 武帝紀(六)」 »

「小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/59200560

この記事へのトラックバック一覧です: 感想「サイモン・アークの事件簿V」:

« 日本選手権2回戦 ヤマハ対神戸製鋼 | トップページ | 感想「史記 武帝紀(六)」 »