« ナビスコ杯予選L第1節名古屋対甲府 | トップページ | オープン戦 ヤクルト対ロッテ(3/22) »

オープン戦 ヤクルト対日本ハム(3/21)

2014.3.21(金祝) 13時 神宮
F 031010000 5
S 100200100 4
[敗]小川、[勝]吉川、[S]金平
[本]S:バレンティン(吉川)

今年最初の野球観戦。

先発はライアンと吉川。初回のライアンは簡単に三者凡退。その裏、先頭の山田が四球で出て、バレンティンが強風の影響を受けたややラッキーなヒットで続き、ミレッジのタイムリーで先制。吉川はストライクが入らず、苦しいピッチング。でも攻めきれなくて、1点止まり。
2回表、吉川の乱調が伝染したみたいにライアンも乱れる。ヒット2本と四球で1死満塁にして岡のタイムリーで同点。2死後、陽に遊ゴロを打たせたが、西浦がきわどい当たりをうまく捕球したものの、送球を焦って暴投して2点を失う。ライアンは3回にも先頭の西川に、風にも乗ったライトへのホームランを浴びる。ただ、これをきっかけに一旦立ち直ったようには見えたんだけど、5回には近藤のヒットから西川のスリーベースでまた失点。6回5失点で、エラーも絡んだとはいえ、不安の残る内容だったかと。
吉川も安定感がなくて、打線が四球絡みで2回に2死満塁、3回に1死12塁と攻めたが、タイムリーが出ない。それでも4回にヒットの山田を置いて、バレンティンがバックスクリーン横にドカンと叩き込むツーランで追い上げたが、チャンスを作ってもタイムリーが出ない状態は変わらない。7回に3番手森内から2四球と山田のヒットで2死満塁にして、雄平の四球で押し出して1点差にしたけど、そこまで。4対5で敗戦。

ヒット2桁で、四球を9つも貰っても、15残塁じゃあ勝てないよなあ。攻撃陣にまるっきり上積みがない印象。全然補強してないんだから、当たり前と言えば当たり前。
ライアン以降のピッチャーは、まあイニングも短いんで何とも言えんなあ。とりあえず、石山と山哲は悪くない印象だったけど。

日本ハムもちょっと、あまり状態は良くない? 特に中田翔のバッティングがね。まあ他人事だけど。それに中田は守備では効いていたしな。

今年のスワローズは、去年からまるっきり補強してないし、去年より弱いぐらいじゃねえの?、と思っていたが、その通りのチーム状態にしか見えなかったのは、寂しい限り。
20140321kyujo
20140321gaiya
20140321board

|

« ナビスコ杯予選L第1節名古屋対甲府 | トップページ | オープン戦 ヤクルト対ロッテ(3/22) »

「ヤクルトスワローズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/59333197

この記事へのトラックバック一覧です: オープン戦 ヤクルト対日本ハム(3/21):

« ナビスコ杯予選L第1節名古屋対甲府 | トップページ | オープン戦 ヤクルト対ロッテ(3/22) »