« 日本選手権決勝 東芝対サントリー | トップページ | ナビスコ杯予選L第1節名古屋対甲府 »

J1リーグ第3節柏対名古屋

2014.3.15(土) 15時 日立柏サッカー場
観客 9265人 主審 今井義朗 副審 中井恒、渡辺智哉

 柏レイソル 0(0−0)1 名古屋グランパス
       (0−1)

 得点 66分 名古屋・ケネディ

現地観戦。

前半は押し気味。というより、柏が引き気味だったのか? 堅守速攻のカウンター狙いは、かなりはっきり見えてた気がするけど、あんまりかみ合ってなかったから、そんなに危険な場面はなかったし、うちが押してる印象が強かった。ただ、手堅く守られて、チャンスは少なかったし、それでも何度かあった好機もシュート不発でものに出来ず。

後半は頭から枝村(残念ながら不発の一因)に代えて貴章。右サイドでいい感じで攻撃を繋いでいたけど、シュートは期待出来ないよなと思っていたし、玉田、ジョシュアの高齢2トップの動きが鈍っていく中、点を取るのは難しいかなと思ってたんだが。
後半は、多分、こっちの動きが落ちたせいもあって、前半とは一転して押され放しだったんで、なおさら。
しかし20分に右サイドを上がった貴章から中へ入ったクロスをジョシュアが綺麗に叩き込んで先制。。
で、多分、これが最後のチャンスだった気がする(^^;)。あとはもう逃げ切り体制。玉田を松田に代えて、前でチェイシングさせといて、あとは耐えるだけ。というか、攻めてく体力はなかっただろう、ここ2試合の実績を考えると(^^;)。
それでも、柏の攻撃の迫力不足にも助けられて、長い時間をよく守って、逃げ切った。

日立台で久々に勝ったなあと思って、それは間違ってなかったんだが、そもそも、近年、あんまりここで試合をやってなかったようで(^^;
20140315pitch
20140315board

|

« 日本選手権決勝 東芝対サントリー | トップページ | ナビスコ杯予選L第1節名古屋対甲府 »

「名古屋グランパスエイト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/59333013

この記事へのトラックバック一覧です: J1リーグ第3節柏対名古屋:

« 日本選手権決勝 東芝対サントリー | トップページ | ナビスコ杯予選L第1節名古屋対甲府 »