« オープン戦 ヤクルト対ロッテ(3/23) | トップページ | イースタンリーグ ヤクルト対ロッテ(3/28) »

J1リーグ第4節名古屋対神戸

2014.3.23(日) 15時 瑞穂陸上競技場
観客 10737人 主審 高山啓義 副審 蒲澤淳一、竹田和雄

 名古屋グランパス 2(1−1)1 ヴィッセル神戸
           (1-0)

 得点 8分 神戸・ペドロ・ジュニオール
    16分 名古屋・磯村
    87分 名古屋・松田

今年初めて現地観戦しなかったリーグ戦。skyAの生中継も録画に回して、神宮へ行っちゃった(^^;)。でもって、神宮から帰って、結果が入らないうちに、早々に録画を見た。

右SBは田鍋が外れて、新加入の刀根。水曜のナビも詳細は知らないんだが、そっちの絡みだったのかな。

序盤の神戸に勢いがあって、前から仕掛けて、10分頃に大武が前に入れたボールをカットされ、ペドロジュニオールに繋がれて、あっさり失点。ペドロには相性が悪い印象があるから、やっぱり?という感じ。このままボコボコ?みたいな予感もよぎった。でも、それから10分も経たないうちに、神戸が守備を固めてる中を、上がって行った磯村がジョシュアのパスを受けて、ズドンとミドルで打ち抜いて、あっさり同点。いいシュートだった。
それで風向きも変わって、前半の残りは、おおむね名古屋が押してたと思う。バックラインに不安はあるにしても、元々、中盤から前は、枝村以外はこなれてるチームだし、昇格チーム相手に貫禄を見せていたかなと。
その流れで、後半頭にはジョシュアがPKをゲットしたが、自分で蹴ってGKに止められてしまう。これで雲行きがおかしくなった。
今年のおなじみの後半途中からのペースダウンが始まると、神戸に押されまくり。神戸もポゼッションサッカーで、それほど縦のスピード感はなかったし、攻撃の精度もいまいちだったから、そんなにヒヤヒヤはしなかったけど、そうなってからの名古屋の仕掛けの薄さは、リードして逃げ切りに入ってるんだっけ?、と一瞬思っちゃうくらいだった。
流れを変えたのは玉田に代わって入った松田で、走り回って前線に活気を呼び戻した感じ。ついでに40分頃に決勝ゴールまで決めちゃった(^^)。

手堅く勝ちを拾った感じ。中だるみっぽい時間帯はあったにしても、最後に盛り上がったから、いいのかな。松田が早い時期にゴールを決められたのは良かった。しかし、これでいよいよ、永井の出番がなくなるかね(^^;)
神戸では、増川が存在感を見せていて、見ていて楽しかった。まあ、ポカっぽいのもあったけど、それも増川のうちだし。
で、やっぱり今年も神戸は、相性がいいチームのままなのかな?
(2014.3.24)

|

« オープン戦 ヤクルト対ロッテ(3/23) | トップページ | イースタンリーグ ヤクルト対ロッテ(3/28) »

「名古屋グランパスエイト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/59361365

この記事へのトラックバック一覧です: J1リーグ第4節名古屋対神戸:

« オープン戦 ヤクルト対ロッテ(3/23) | トップページ | イースタンリーグ ヤクルト対ロッテ(3/28) »