« JFL第5節横河対栃木ウーヴァ | トップページ | セリーグ ヤクルト対巨人(4/16) »

イースタンリーグ ヤクルト対日本ハム(4/16)

2014.4.16(水) 13時 戸田
F 1000000501 7
S 0000500100 6
[敗]阿部、[勝]乾

先発はうちが中澤、ハムは木佐貫。中澤はハム先頭の渡邉にツーベースを打たれ、そこから自身の野選も絡んで、早々に1失点したが、バックスクリーンからホーム方向へ強風が吹いていたこともあってか、以降は木佐貫ともども快調なピッチングで5回表までは速いペースで試合が進んだ。
ハムは木佐貫は3回まで、4回に藤岡を投げさせたまではよかったが、5回に運天。いや、近頃の運天がどうなっているかは知らないが、以前鎌ヶ谷で見たメチャクチャなピッチングが印象に強烈に残っているし、バックネット裏に居たハムファンのおやじたちの騒ぎっぷりを見る限り、劇的に改善してるとは思えず。
案の定、1死後4連打であっさり逆転した。ハムは急遽森内を投入したが、選手もダレてしまったか、内野手の連続エラーでチャンスが広がり、一気に5対1。中澤は7回まで安定感のあるピッチングで、余裕で勝てるかな、という雰囲気になっていたが…。
しかし、中澤が8回に1死後、連打を食らって1点を失う。さすがに疲れたんだと思う。7回までで十分ナイスピッチングだったんで、今日の中澤はいいよ。問題は後を受けた押本で、四球、犠飛、ヒット、スリーベースであっという間に逆転されちゃった。かなり酷い出来。
それでもその裏、ハムのエラーを足掛かりに2死3塁を作り、比屋根の内野安打で同点。
で、9回では決着せず、延長。10回表のうちの投手は9回から投げてた阿部。先頭の渡邉にヒットを打たれたものの、2死1塁までこぎつけたんだが、そこで石川シンゴがヒットの後、鵜久森に右超えのツーベースを打たれ、1点勝ち越される。
その裏、ハムの投手は8回から投げてた乾。1死後星野がまたもハムのエラーで出塁し、又野のヒットで1-3塁。少なくとも、同点はいけるという状況。しかし比屋根が遊ゴロゲッツーで最悪の終わり。
まあ、俺にしたら、試合が終わってくれたので、有り難くなくもなかったが…(^^;)

押本がひどかったのと、故障で2軍に落ちてて、今日は4番を打ってたミレッジに全然打てる気配がなかったのが、かなり懸念材料。中澤は良かったとはいえ、彼は一軍へ行くとダメなんだよなあ…。
それにしてもハムの守備がボロかった。運天といい、ハムが勝手に試合をややこしくしてた感はないでもなかった(^^;)
20140416board1
20140416net
20140416kyujo1

|

« JFL第5節横河対栃木ウーヴァ | トップページ | セリーグ ヤクルト対巨人(4/16) »

「ヤクルトスワローズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/59492113

この記事へのトラックバック一覧です: イースタンリーグ ヤクルト対日本ハム(4/16):

« JFL第5節横河対栃木ウーヴァ | トップページ | セリーグ ヤクルト対巨人(4/16) »