« J1リーグ第8節甲府対名古屋 | トップページ | セリーグ ヤクルト対広島(4/23) »

イースタンリーグ ロッテ対ヤクルト(4/20)

2014.4.20(日) 13時 ロッテ浦和
S 003003150 12
M 000000001 1
[勝]岩橋、[敗]黒沢
[本]S:野口(黒沢)

先発はうちは今年の新人の岩橋で、ロッテは黒沢。
うちが3回に2死から、ヒットと四球のランナーが出て、野口がライトへ放り込むスリーランで先制。6回には2番手小林に対して、2死からヒット2本で1-2塁。続く西田は強い当りの遊ゴロ。これを高濱がファンブルして1点。さらに四球で2死満塁から、タカノリがライトへ2点タイムリーツーベースで6-0。
うちの先発・岩橋は、安定した制球で、ヒットは打たれるものの四球は出さない。ピンチに立っても、動じずに、きっちり後続を打ち取るピッチング。6回を無四球無失点。7安打打たれてるんで、抑え込んだとは言い難いものの、十分な内容。もう1試合、こういうのを目の前で見れたら、がぜん期待しちゃうんだが。せめて希望のカケラくらいは欲しい今のチーム状態だからねえ。
打線は7回以降も得点を積み重ねた。7回は、ロッテ3番手内から、四球で出た荒木がセカンド(大嶺翔)の悪送球で2進、野口の外野フライで3進の後、ミレッジのタイムリーで生還。8回は、ロッテ4番手中後が壊滅的なピッチング。4四球で、自身の悪送球のエラーも絡んで一挙5点。
うちのピッチャーは7-8回は七條で、8回は2死満塁とピンチを作りながら、なんとか無失点で切り抜けたが、9回裏に登板した大場は、2死満塁から清田にタイムリーを浴びて1失点。完封を逃したけど、大勢には影響なく、12-1で勝った。

まあ、今日は岩橋に尽きる。七條と大場がやっぱりあてになりそうもない、というのは、あーあって感じだけども、織り込み済みではあるしな…。
20140420kyujo
20140420board

|

« J1リーグ第8節甲府対名古屋 | トップページ | セリーグ ヤクルト対広島(4/23) »

「ヤクルトスワローズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/59503872

この記事へのトラックバック一覧です: イースタンリーグ ロッテ対ヤクルト(4/20):

« J1リーグ第8節甲府対名古屋 | トップページ | セリーグ ヤクルト対広島(4/23) »