« ナビスコ杯予選L第2節新潟対名古屋 | トップページ | セリーグ ヤクルト対阪神(4/6) »

イースタンリーグ ヤクルト対巨人(4/5)

2014.4.5(土) 13時 戸田
G 000001110  3
S 00000202X 4
[勝]真田、[S]阿部、[敗]星野

先発はうちが徳山で巨人は今村。徳山はきっちりきわどいコースを突くピッチングが出来ていたし、今村もボール先行気味ながら、うちの打者の早打ちにも助けられ、3回まで両者パーフェクトピッチング。
でも、4回に双方ヒットを打たれた。徳山が2死1-2塁をしのいだ後、今村に対しては、1死後今浪がヒットで出て、荒木が右中間へツーベース。これで今浪は本塁へ突っ込んだが憤死。ちょっと無理っぽい突入だった。結局、5回まで0-0。ここまでで1時間ちょっとしか経ってない、えらく早い試合だった。
6回表のマウンドに館山が上がった所からもつれ始めた。名前がコールされて、客席が沸いたんだけど、館山は先頭の大田に初球を投げた後(内角へのストライク)、肘を気にするような素振りを見せて、そのまま降りてしまった。大事を取ったということならいいんだけど。シーンとする客席。
緊急登板した江村は1死後、奥村に四球を出し、盗塁、内野ゴロで進塁された後、中井のタイムリーで還って巨人に先制された。
でもその裏、いよいよ球がばらけ始めた今村から四球ふたつと、今村の牽制悪送球で1死1-3塁として、荒木の犠飛で同点、武内のライト前へのポテンヒットで逆転。
ところが7回表に江村が四球で出したランナーを、リリーフした真田が河野のツーベースで還してしまって同点。真田は8回にも奥村のスリーベースを、隠善にタイムリーで還され逆転。真田が今年の日本人補強選手の目玉だと思うと、泣けてくるわ。
それでも、その裏、巨人3番手の星野から、1死後、比屋根と今浪が連打。さらにリリーフの土田から、荒木がライト前にポテンヒットで同点。続く武内もセンター前ポテンヒットで逆転。ホームに向かって逆風の強い風が吹いていたせいで、飛球が詰まる傾向があって、やたらとポテンヒットが出た感じ。巨人の守備に難があったのは否めないと思うが。ちなみに8回はセカンド大累、センター大田、ライト隠善だったはず。
9回表は阿部が登板。いきなり今浪にエラーをかまされて、うわ、という感じだったけど、なんとか切り抜けて逃げ切った。6回以降バタバタになったせいで、試合時間は結局、3時間を超えていた(^^;。

まあ、先発の徳山がいいピッチングをしてたことや、チャンスに強いバッティングを荒木や武内がしてたこともあって、試合自体の印象は悪くなかったんだけど、館山が…。大事がなければいいんだけれども。

ちなみに土手下の桜は、日が合わなかったかなあと思ってたが、充分きれいに咲いていて、良かった。
20140405kyujo
20140405board
20140405sakura

|

« ナビスコ杯予選L第2節新潟対名古屋 | トップページ | セリーグ ヤクルト対阪神(4/6) »

「ヤクルトスワローズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/59417821

この記事へのトラックバック一覧です: イースタンリーグ ヤクルト対巨人(4/5):

« ナビスコ杯予選L第2節新潟対名古屋 | トップページ | セリーグ ヤクルト対阪神(4/6) »