« J1リーグ第6節名古屋対広島 | トップページ | J1リーグ第7節名古屋対浦和 »

セリーグ DeNA対ヤクルト(4/11)

2014.4.11(金) 18時 横浜スタジアム
S 004010010 6
B 000111002 5
[勝]小川、[S]山本哲、[敗]三浦
[本]S:バレンティン(三浦)、B:梶谷(小川)

ハマスタ。今年初のビジター観戦、初ナイター観戦。

1回表終了間際に到着。ピッチャーはライアンと三浦。立ち上がり、どっちも今ひとつな感じ。先に崩れたのは三浦で、3回に2死後ヒットと暴投と四球で1-3塁。ここで雄平のタイムリーで先制。さらに畠山のタイムリーでもう1点、森岡のスリーベースでもう2点。一気に4点先制。4回裏にライアンが梶谷に一発を食らったが、5回表にバレンティンのホームランでまた4点差。
でも、この後、ライアンが少しおかしくなる。5回裏に黒羽根のピッチャー強襲打を受けた後(打球が当たった影響があったのかな)、筒香のヒットで1-3塁。ここで牽制しようとしてボーク。みすみす1点。6回裏には先頭石川の内野安打の後、続く梶谷にタイムリーを打たれ、2点差まで詰められる。しかもノーアウト。でも凌ぎ切った。
8回表に森岡が内野安打で出て中村がツーベースで返して3点差。8回裏はライアンがピシッと抑えて、今日は勝ったな、と思ったんだが…。
9回裏にカーペンターが登板して、目を疑った。まあ、ライアンは100球超えていたし、頃合いと言えなくはなかったんだけど、カーペンター…。
案の定、いきなりヒットを打たれ、次の黒羽根には死球(黒羽根は交代しちゃったけど大丈夫か?)。さらにボークで2-3塁にした後、代打多村に2点タイムリーを打たれ、あっという間に1点差。筒香は打ち取ったが、代打柳田にまた死球。ピッチャーは久古に交代。石川は打ち取ったが、今日当たっていた梶谷を歩かせて2死満塁とした所で、山哲を投入。
次のバッターは、ブランコの途中離脱(走塁でどこか痛めた?)で入った井手で、ここまで3三振だったし、山哲の一発屋としての実績を考えたら、久古のままでいいんじゃねえの?と思ったんだが。で、山哲は井手にライトへ強烈な当たりを打たれる…が、上田が捕れる範囲だった。助かった。なんとか逃げ切った。

でもなあ、勝っても、こんな勝ち方じゃモヤモヤ。もう少し、スッキリした試合を見たくて、土日のファンクラブイベントは捨てて、敢えて今日行ったのに、結局バカ試合だ。ライアンが立派なピッチャーだというのは、よく分かったんだけどさ。崩れかけてもきっちり凌いで立て直せる。さすがエース。
しかし、DeNAもツライねえ。ツライのはうちだけじゃないわ(^^;)

そういやあ、今シーズン1軍の試合観戦で初勝利だったんだな。全く盛り上がらなかったけどな。
20140411kyujo
20140411love
「☆」は「love」と読むらしい?
20140411board

|

« J1リーグ第6節名古屋対広島 | トップページ | J1リーグ第7節名古屋対浦和 »

「ヤクルトスワローズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/59454521

この記事へのトラックバック一覧です: セリーグ DeNA対ヤクルト(4/11):

« J1リーグ第6節名古屋対広島 | トップページ | J1リーグ第7節名古屋対浦和 »