« アジア五カ国対抗(ラグビーW杯アジア地区最終予選)日本対スリランカ | トップページ | 感想「ラグビーに生きる」 »

イースタンリーグ ヤクルト対楽天(5/11)

2014.5.11 (日) 13時 戸田
E 000000010 1
S 000000000 0
[敗]赤川、[勝]ブラックリー、[S]井坂
[H]E:小関(赤川)

先発はうちが赤川、楽天がブラックリー。
赤川はボール球は多いが、楽天の早打ちにも助けられて、ピンチらしいピンチは、2回に小関に1死からツーベースを打たれた場面くらい。7回まで被安打2、1死球と好投。
ブラックリーに対しては、2回に2安打で1死1-2塁、3回にもヒットとバントで1死2塁としたが、タイムリーが出ず、以降は7回まで四球で1人出ただけ。
投手戦なんだけど、双方とも、打線が貧弱な雰囲気もあり、0対0のまま延長に入っちゃうんじゃないか?と思い始めた8回表。赤川が2死取った後、小関がライトへ打ち上げた打球が思いがけず伸びて、フェンスを越えて楽天が先制。
8回裏の楽天はブラックリーを井坂に代えてきたが、制球難気味。ヒット、四球、内野安打で2死満塁としたものの、ここもタイムリーが出なかった。
結局、そのまま逃げ切られた。赤川は被安打3の好投が報われなかった形。まあ、うちも5安打しか打ってないし。

赤川は1軍に行けそうな見込みはあるのかどうか。今日は好投には違いないけど、球がばらけてる感じは否めなくて、粘って来られたらどうなのかな、という気はしていた。
打線の勢いも低下気味なのかな、やっぱり。
20140511kyujo
20140511board

|

« アジア五カ国対抗(ラグビーW杯アジア地区最終予選)日本対スリランカ | トップページ | 感想「ラグビーに生きる」 »

「ヤクルトスワローズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/59627801

この記事へのトラックバック一覧です: イースタンリーグ ヤクルト対楽天(5/11):

« アジア五カ国対抗(ラグビーW杯アジア地区最終予選)日本対スリランカ | トップページ | 感想「ラグビーに生きる」 »