« J1リーグ第10節東京対名古屋 | トップページ | イースタンリーグ ヤクルト対日本ハム(5/3) »

イースタンリーグ ヤクルト対日本ハム(5/2)

2014.5.2 (金) 13時 戸田
F 00000001000 1
S 00000010000 1

先発はうちが徳山、ハムは高梨。初回の徳山は球が浮き気味で2安打されたが、岡の盗塁失敗もあって救われる。2回以降は立ち直って、安定したピッチング。バックの守備に足を引っ張られかける場面もあったが、こらえて、7回まで被安打3、与四球2で無失点のナイスピッチング。
高梨も初回はボロボロで連続3四球で1死満塁としたが、後続が凡退で無得点。2回には2安打で1死1-2塁としたが、ここもゲッツーで逸機。で、3回以降は制球に苦しんでいた高梨を乗せてしまった感じで点が取れそうな雰囲気がなかったが、7回に四球で出た西浦が、西田の犠打と藤井のセンターオーバーのタイムリーツーベースで還って先制。
8回表の徳山はさすがに疲れてきた感じで、1死後、岡にやや不運な内野安打を打たれ、さらに四球で1-2塁。続く金子誠を粘られながらも三振に仕留めた所で押本に交代したが、鵜久森が押本の初球をライト前へ運んで、あっさり同点。徳山の勝ち投手を1球で消しやがった>押本。
それでも押本は後続は断って、9回は3人で片づけたが、うちも藤岡・白村のリレーを攻略出来ずに延長。
10回から登板した真田は、かなり怪しいピッチングだったが、日本ハムの拙攻(バント失敗、ゲッツー、守備妨害…)に助けられ、2イニングを切り抜けた。
うちの打線は10回に乾を攻めて1死2塁、11回には鍵谷を攻めて2死満塁としたんだが、あと1本が出なかった。1対1の引き分け。

やっぱり、打撃好調だった荒木と野口が1軍に行ってしまったので、打線の迫力がなくなってる気がする。まあ、それは仕方ない。
問題は押本だわ。しばらく前に戸田で見た試合でも、リリーフで出て炎上して、楽勝ペースだった試合を負けに導いていた。今は本当に信用出来ない感じ。

日本ハムの岡が10回に足を痛めて退いたんだけど、かなり痛そうだった。盗塁死、牽制死、バント失敗で併殺(足を痛めたのはこの時)と、彼は今日は厄日だったぽい。怪我が重傷でなければいいが。
20140502board
20140502kyujo

|

« J1リーグ第10節東京対名古屋 | トップページ | イースタンリーグ ヤクルト対日本ハム(5/3) »

「ヤクルトスワローズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/59573626

この記事へのトラックバック一覧です: イースタンリーグ ヤクルト対日本ハム(5/2):

« J1リーグ第10節東京対名古屋 | トップページ | イースタンリーグ ヤクルト対日本ハム(5/3) »