« ナビスコ杯予選L第4節大宮対名古屋 | トップページ | ナビスコ杯予選L第5節名古屋対徳島 »

ヤクルト対フューチャーズ(5/24)

2014.5.24(土) 13時 戸田
S  000002101 4
FT 00040011X 6
[H]FT:芳川(大場)

フューチャーズの選手が、去年までのようなフューチャーズのユニじゃなくて、自チームのビジターユニを着ていた。経費削減? この方が選手を見分けるには便利ではあるんだけど、まるでオールスターみたいにも見えた(^^;。

小刻み継投が普通なフューチャーズ戦なので、先発どうこうはあんまり意味はないかな。ラインナップはこんな感じ。

フューチャーズ 榎下(F 2回)-古川(E 1回)-横山(E 1回2/3)-柴田(G 2/3)-北方(B 1回)-トラヴィス(B 1回)-宮田(L 1回)-冨田(B 1回)
スワローズ 七條(2回)-山本斉(2回)-日高(2回)-大場(2回)

七條はヒットは1本打たれたが、まあ、無難にまとめた。
山本斉は久しぶりに見た気がする。大きく外れるボール球が多くて、組立に苦労していた。3回は三者凡退だったが、4回にヒットと四球で出したランナーを西浦(S 貸出(^^;)の2点タイムリーで返され、芳川(G)のタイムリーでもう1点、さらに2死1-3塁で1塁走者を牽制で飛び出せたのはいいけれど、挟殺しようとする間に3塁走者が本塁へ突っ込み、それを刺そうとファーストの松井淳が本塁へ投げたら、これが悪送球で、もう1点。
日高は、ばらつきはあるけれど、悪くなかったと思う。多分、4人の中では一番期待出来るはず。
大場は7回は芳川にホームランを打たれ、8回にもエラー絡みながら、中田(L)にタイムリーを打たれて2失点。

フューチャーズの方は、3番手の横山が、いい球を放っていた。
ヤクルト打線は5回までヒット2本に抑えられていたが(ただし、四死球やエラーでの出塁はあった)、6回に北方に対して、松井のツーベースを谷内がタイムリーで返してまず1点。今浪がヒットで続き、ひとり倒れた後の四球で1死満塁にしたから、大量点も期待したけど、星野の犠飛で1点追加しただけ。
7回のトラヴィスに対しても、ヒット2本と四球で1死満塁としたが、川崎の犠飛での1点だけ。
9回、冨田に対して、先頭の松井がまたツーベースで出て、また谷内がタイムリーで返し、反撃の気配が見えたが、川崎の一直ゲッツーでランナーが消えると、最後は西田三振で終了。

というか、フューチャーズ戦は試合の状況にかかわらず、9回裏までやるレギュレーションになってたと思うんだが、9回表で終了してしまい、あれれ?という感じだった。5/5のロッテ浦和でフューチャーズが勝った時もそうだったようなんで、今年からレギュレーションが変わったのかもしれない。そういう記述は、探したけれど見つけられなかったんだけど(今年のイースタンガイドには、むしろ9回裏までやると書いてある)。

それにしても、フューチャーズ相手にしょっぱい試合だった。メンツが足りないなあ、という感は強かったとはいえ。確かに足りない感じだけどね。特にメンツを落とした感じでもないんだが、落とすだけのメンツもいないんだよなあ。
20140524kyujo
20140524end
20140524board

|

« ナビスコ杯予選L第4節大宮対名古屋 | トップページ | ナビスコ杯予選L第5節名古屋対徳島 »

「ヤクルトスワローズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/59699659

この記事へのトラックバック一覧です: ヤクルト対フューチャーズ(5/24):

« ナビスコ杯予選L第4節大宮対名古屋 | トップページ | ナビスコ杯予選L第5節名古屋対徳島 »