« イースタンリーグ ヤクルト対日本ハム(5/2) | トップページ | J1リーグ第11節名古屋対C大阪 »

イースタンリーグ ヤクルト対日本ハム(5/3)

2014.5.3 (土祝) 13時 戸田
F 000000010 1
S 00210001X 4
[勝]岩橋、[S]大場、[敗]木佐貫

2日連続で戸田のイースタン。今日は金を払わず、久々に土手上でのフル観戦。まあ、土手上も視界が広々しているので、そんなに悪くはないと思ってる。距離が遠いので、打球を見失いがちなのと、スコアボードのBSOやヒット・エラーの表示は見にくい問題はあるけれど。あと、場内放送も、風向き次第ではかなり聞き取りが苦しいけどさ。
ちなみに、今日はイベントでつばくろうが来ているのを、試合開始前に見かけた。

先発はうちが岩橋で、ハムは木佐貫。
3回が分岐点だった感じ。岩橋は簡単に2死取った後、ややアンラッキーな内野安打の後、ヒットと四球で2死満塁とされたが、鵜久森を打ち取って切り抜けた。木佐貫に対しては、1死後、川上は三ゴロだったが、サード宇佐美が一塁悪送球。比屋根のヒットと盗塁で1死2-3塁として、森岡が2点タイムリーで先制した。
4回には松井淳が内野安打で出て、暴投で二進し、川上のタイムリーで還って3-0。
ただ、その後もチャンスは作ったが、あと1本が出なかった。6回まで木佐貫、7回は根本に抑えられた。
岩橋は、ヒットは打たれるものの、そこから崩れず、後続をきっちり抑えるピッチングを見せた。バックもよく守っていて、7回まで無失点で交代。先日ロッテ浦和で見た時と同じような印象。彼は結構やれるんじゃないだろうか(でも、ファームのピッチングを見て、そう思って期待していた山本斉も平井諒も、故障絡みで伸び悩んでいる…。故障しないでくれよなあ>岩橋)。
8回から大場が登板したが、1死後、2者連続四球で1-2塁。ここで赤田を一ゴロに打ち取ったんだが、二塁封殺の後、ショート西浦がゲッツーを取りに一塁へ送ったボールが悪送球になり、1点入ってしまう。
しかし8回裏、ハム3番手の石井から、川崎と西田が連打で1死2-3塁として、西浦がスクイズバント。これが決まって、再度3点差。9回表は大場が簡単に3人で片付けて試合終了。

昨日に引き続き、ちょっと打線が弱いなという気はするものの、先発投手がきっちり投げているので、いい試合運びになっていた。1軍にも見習わせたい、というか、1軍も先発は徐々に持ち直してきてる気はするんだが、中継ぎ以降がねえ。それは昨日の押本にも言えることだから(真田も大場も安定感があるとは言えん内容だったし)、2軍に救世主は居ないってことのような気がする…。

日本ハムは内野の守備がどうもね。今日はセカンドの松本とサードの宇佐美がミスとエラーを繰り返していて、ちょっとピッチャーが気の毒だった。
ちなみに、昨日、怪我をして退場した岡は、今日は出て来なかったが、大丈夫かな。
20140503kyujo
20140503board

|

« イースタンリーグ ヤクルト対日本ハム(5/2) | トップページ | J1リーグ第11節名古屋対C大阪 »

「ヤクルトスワローズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/59575957

この記事へのトラックバック一覧です: イースタンリーグ ヤクルト対日本ハム(5/3):

« イースタンリーグ ヤクルト対日本ハム(5/2) | トップページ | J1リーグ第11節名古屋対C大阪 »