« JFL第8節横河対レノファ山口 | トップページ | J1リーグ第12節鹿島対名古屋 »

セリーグ ヤクルト対阪神(5/4)

2014.5.4(日) 18時 神宮
T 010000102 4
S 010000000 1
[敗]ナーブソン、[勝]鶴、[S]呉昇桓
[本]T:今成(久古)

武蔵野陸上から転戦して、かなり早い時間に着いたが、チケットが相当売れてるということだったから、まあ早くて良かったんだろう。楽勝で見やすい席を押えられたし。ただ、最終的にチケット完売とか言ってた割には、そこそこ空きはあったけれども。シーズンシートの分があったりするから、その辺は何とも言えないが、過去に実感として本当に満員だった試合に比べれば、かなり緩い詰まり方だった気がする。

先発はナーブソンと鶴。ナーブソンの先発試合は見てる気でいたんだけど、実はオープン戦でしか見ていなかった。まあ、中継では見てるし、ここまでの状況もだいたい押えてるので、あんまり期待してなかったが。
そのナーブソンは、2回に3塁強襲打(川端のエラーだと思ったんだが)で、2塁にマートンを置き、2死までこぎつけたが、梅野の投ゴロを一塁へ悪送球してみすみす先制を許した。
けれども、その裏、バレンティンと雄平の連打で作ったチャンスに、中村がタイムリーを打って同点。
その後は両投手が粘りを見せて、ピンチは作るものの失点はせずに、6回を終えた。
1対1のまま迎えた7回。ナーブソンは1死後、梅野にツーベースを打たれる。代打・新井は打ち取ったが、続く代打・関本にセンターオーバーのツーベースを打たれ、勝ち越しを許した。
その裏、阪神の2番手安藤に対して、先頭の中村がヒットで出たが、後続が凡退して点にならない。
8回表はカーペンターが1死1-2塁としてひやっとしたものの、併殺で切り抜けた。しかし、9回表にアベケンが梅野にヒットを打たれた所で、久古にスイッチしたら、久古は代打・今成に初球をライトスタンドへ持って行かれて万事休す。8回裏は福原、9回裏は呉昇桓に抑え込まれ、1-4で敗戦。

もうしばらく前から、久古がまともにリリーフ出来た試合って、あんまりないような気がする。なぜ、いまだに久古が重用されているのか、よくわからない。
ナーブソンが、多分、加入以来最高のピッチングをしただけに、もったいない試合だった。ただまあ、久古はともかく、打てなかったのが大きなポイントだったとは思う。
バレンティンが足を痛めたらしく、7回までで交代していて、これも心配(7回の梅野のレフト越えのツーベースは、バレンティンが足に不調を感じていた影響で、取れなかった可能性もあるとか)。
心配の種が尽きないわ。
20140504kyujo2
20140504board2
ちなみに、この試合限りで、燕太郎が引退だそうで、これも唐突な発表で、なんだかよくわからない出来事ではある。
20140504entaro

|

« JFL第8節横河対レノファ山口 | トップページ | J1リーグ第12節鹿島対名古屋 »

「ヤクルトスワローズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/59586131

この記事へのトラックバック一覧です: セリーグ ヤクルト対阪神(5/4):

« JFL第8節横河対レノファ山口 | トップページ | J1リーグ第12節鹿島対名古屋 »