« J1リーグ第14節新潟対名古屋 | トップページ | ナビスコ杯予選L第4節大宮対名古屋 »

イースタンリーグ ヤクルト対DeNA(5/18)

2014.5.18 (日) 13時 戸田
B 000010100 2
S 000000000 0
[敗]赤川、[勝]柿田、[S]萬谷

先発はうちが赤川で、DeNAは今年のドラ1だったらしい柿田。

赤川は初回、三者三振の素晴らしい入りを見せて、制球にばらつきはあっても、振らせて三振、詰まらせて内野ゴロと、力で抑え込んでる感じだったが、5回に飛雄馬のヒットから2死3塁で乙坂にライトへツーベースを打たれて(長打はないと踏んで、前目に守ってた外野の頭上を破られた)、先制された。7回にも、飛雄馬のツーベースから、嶺井にタイムリーを打たれてもう1点。赤川は、DeNAの下位打線が、ボールを見極めるバッティングをしてくると、追い込まれる傾向があったように思える。とはいえ、7回2失点だから、決して、そう悪い投球じゃなかったんだが。
打線はヒットでランナーは出すんだけれど、盗塁失敗、バント失敗、ゲッツー連発で、得点出来ない。要所を抑えてくる柿田(ダイナミックな投球フォームが格好よかった)に、うまくしのがれた。8回にDeNAの投手が2番手田中に代わっても、連打で無死1-2塁としたにもかかわらず、内野フライとゲッツーで無得点。最終回は萬谷に三者凡退に抑えられて完封負け。

2軍は打線が薄くなってるからなあ、というのが実感なんだけど、赤川が投げてる試合以外は、それなりに得点しているので、必ずしもそれだけじゃなく、赤川の巡り合わせが悪いということみたいだ。気の毒な感じだね。ただ、そこそこ好投を続けていても、1軍の声が掛からないってのは、結局、相手を押え切れてはいないわけだから、そこが首脳陣の懸念材料になってしまっているのかなという気はする。
20140518kyujo
20140518board

|

« J1リーグ第14節新潟対名古屋 | トップページ | ナビスコ杯予選L第4節大宮対名古屋 »

「ヤクルトスワローズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/59666575

この記事へのトラックバック一覧です: イースタンリーグ ヤクルト対DeNA(5/18):

« J1リーグ第14節新潟対名古屋 | トップページ | ナビスコ杯予選L第4節大宮対名古屋 »