« イースタンリーグ ヤクルト対DeNA(5/18) | トップページ | ヤクルト対フューチャーズ(5/24) »

ナビスコ杯予選L第4節大宮対名古屋

2014.5.19(水) 19時 NACK5スタジアム大宮
観客 4681人 主審 高山啓義 副審 間島宗一、数原武志

 大宮アルディージャ 0(0−0)2 名古屋グランパス  
            (0−2)

 得点 61分 名古屋・闘莉王
    83分 名古屋・矢野

今年2度目のNACK5大宮での現地観戦。
少し前まで雨が降ってたが、スタジアムに着いた頃には止んでいたし、そんなに寒くもなく、いいコンディションだった。

ナビ杯予選は、名古屋は第3節が休みだったから、随分久しぶり。第2節で小川が退場になってたことなんて、すっかり忘れてたよ。それで出場停止で、代わりに矢田だったのか。

名古屋は前半はかなりダメな出来で、序盤はともかく、前半の後半に入ると守備がグズグズ。自陣で相手ボールをまともにクリア出来ないことが続き、失点しなかったのが不思議なくらいだった。大宮の前線の噛み合わなさに救われた。
前半ほぼ最後にゴール正面でFKを得て、玉田が蹴ったのを、江角に弾き出されたんだけど、前半はここ以外に決定的な場面があった記憶がない(^^;)

後半、さすがにここんとこ疲れが見える直志をダニウソンに、右サイドは枝村を松田に代えた。この交代が劇的に効いたと思う、特にダニウソン。フィジカルの強さで大宮の選手を圧倒して、攻め込まれたボールを、片端から取っちゃう、クリアしちゃう。持ち味のミスパスも(^^;)、大宮の寄せが甘いので目立たない。
後ろが落ち着いた結果、松田が入って、より攻撃的になった前が攻勢に出られるようになって、主導権が名古屋に来た。それでも、厚く守ってくる大宮のゴールには、なかなか届かなかったけど、15分くらいに矢田のCKから始まり、再び矢田が持って、ゴール前へ入れて来たボールの折り返しを、ツリオが叩き込んで先制。
直後、カウンターから大宮の富山にゴールに押し込まれたが、富山のナラとの競り合いがファールになって、ノーゴール。助かった。
以降は名古屋の一方的な試合。なんせ田口のパスがスカスカ通る(^^;)。前の方で面白いようにボールが回った。でもシュートが決まらない。外す、ちゃんとヒットしない、ブロックされる。これって、圧倒的に押してるけど、カウンター一発で失点する悲しい試合のパターンだよな、と思って見てたんだが、80分くらいにゴールの左横で得たFKを田口が低いボールで蹴り込んだのを、ゴール前へ入った貴章がピタッと合わせて流し込んだ。格好良かった。いいゴールだった。
そのまま2対0で勝利。相手がひどすぎたにしても、爽快感のある勝ち試合だった。

それにしても大宮は、特にメンツを落としてた感じでもなかったけど、生彩がなかった。結局、家長は開幕2戦目で見た時と変わらず(というか、悪くなってた?)、周りとまるで噛み合ってなかったし、出足の悪さではピカイチのはずのウチより鈍いってのは…。選手の名前を見れば、そこそこメンツは揃っているのにね。
まあ、ウチもよそのことを言ってるような余裕もないけどさ。この試合がリーグ戦なら良かったんだけどねえ。
20140521board1
20140521pitch
20140521board2

|

« イースタンリーグ ヤクルト対DeNA(5/18) | トップページ | ヤクルト対フューチャーズ(5/24) »

「名古屋グランパスエイト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/59699620

この記事へのトラックバック一覧です: ナビスコ杯予選L第4節大宮対名古屋:

« イースタンリーグ ヤクルト対DeNA(5/18) | トップページ | ヤクルト対フューチャーズ(5/24) »