« 感想「明治国家を作った人びと」 | トップページ | 感想「「想定外」の罠」 »

感想「ラグビー・エクスプレス」

「ラグビー・エクスプレス」 日本ラグビー狂会編 双葉社
今まで読んだ狂会本の中で、一番内容のバランスが取れてる部類のような気がした。日本チームの強化が、とりあえずは順調に進んでるように見える影響だと思う。ライターの皆さんが心安らかに書いてる感じ。ただ、海外情報の文章が1本もないのは珍しいかもしれない。

当然、2019年のワールドカップ日本開催に向けての話が多いし、それを俺も楽しみにはしてるわけだけど、東京五輪絡みの国立の建替えの件(それに1章割かれている)とか、日本チームがサッカーみたいにナショナリズムを強調し過ぎた扱われ方になっていかないかとか、気になることはいろいろあるんだよな。正直、国立の建替えがあまりにも納得のいかない形で決着したら、そこで決勝をやる予定のラグビーワールドカップへの俺のモチベーションは相当落ちる気がするし(東京五輪へのモチベーションについては、元々、ゼロというより、むしろマイナスだし)、ナショナリズムを強調し過ぎて取り上げられるラグビーの日本チームは、(サッカーの日本チームがとっくの昔にそうなってるように)俺の関心の対象外になるだろうなと思う。そうならないことを願ってる。

田中史朗について書かれた文章が興味深かった。そうか、そんなに頑張っていたのか。でもそれを、この本を読むまで知らなかったってのが、ラグビーが今の日本ではマイナースポーツだということを表しているのかもしれない。
(2014.4.11)

|

« 感想「明治国家を作った人びと」 | トップページ | 感想「「想定外」の罠」 »

「小説以外の本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/59656521

この記事へのトラックバック一覧です: 感想「ラグビー・エクスプレス」:

« 感想「明治国家を作った人びと」 | トップページ | 感想「「想定外」の罠」 »