« 感想「トップレス・バーの女」 | トップページ | 交流戦 ヤクルト対オリックス(6/22) »

交流戦 ヤクルト対オリックス(6/21)

2014.6.21(土) 14時 神宮
Bu 011100000 3
S  11200043X 11
[勝]八木、[敗]ディクソン
[H]S:相川(マエストリ)、Bu:T-岡田(八木)

2日連続神宮。今日はデーゲーム。

先発は八木とディクソン。どっちも初回からあぶなっかしいピッチング。
1回裏にうちがヒット3本、川端のタイムリーで先制したが、2回表にT‐岡田にホームランを打たれて、すぐに振り出し。2回裏に相川のツーベースと激走が武内の犠飛を呼んで、また先行したが、3回表にバッテリーエラーでランナー3塁のピンチになり、糸井のタイムリーでまた同点。
しかし、3回裏に岩村のタイムリーでまた勝ち越した後、飯原の内野ゴロでもう1点積んだのが、結局は効いたみたい。4回表にもT‐岡田のヒットから、平野恵一の犠飛で失点したんだけど、1点止まりでリードを維持。ここから試合が落ち着いて、点が動かなくなったので。
それでも、うちのリリーフ陣が最後まで1点差を守れるのか?という不安はあったわけだが、6回途中にリリーフした秋吉が7回表を抑えた裏、岸田から岩村がタイムリーを打って2点差。さらに代わったマエストリから相川がスリーランを打って、試合を決めちゃった。
8回にも川端のスリーベースなどで3点追加。11対3の大勝。

岩村と相川のヒーローインタビューてのも、なかなか味があったわ。

一つ勝ったら、勝ち試合を見れるようになってきたかな(^^;)。交流戦に限っては、観戦成績は2勝2敗1分だからな。
20140621kyujo
20140621stand
20140621board
20140621bell

|

« 感想「トップレス・バーの女」 | トップページ | 交流戦 ヤクルト対オリックス(6/22) »

「ヤクルトスワローズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/59854098

この記事へのトラックバック一覧です: 交流戦 ヤクルト対オリックス(6/21):

« 感想「トップレス・バーの女」 | トップページ | 交流戦 ヤクルト対オリックス(6/22) »