« 交流戦 ヤクルト対オリックス(6/21) | トップページ | イースタンリーグ ヤクルト対西武(6/24) »

交流戦 ヤクルト対オリックス(6/22)

2014.6.22(日) 13時半 神宮
Bu 0001110000  3
S  0000300001X 4
[勝]カーペンター、[敗]佐藤達

3日連続神宮。今日もデーゲーム。朝方、強い雨だったし、やれるんかなという感じだったけど、プレイボール30分前くらいには、だいたい上がって、問題なくなっていた。球団的にも、今日はホーム側の観客にはバレンティンの人形を渡す日だったので、一旦開場したら、何が何でもやらないといかん試合だったと思われ、無事にやれてホッとしただろう。既に一度、雨で開場前に中止になって、配布を見送っている、いわく付きの人形なんで。もっともバレンティン自身は故障で居ないんだけど(^^;)

ちなみに、バレンティン人形が貰える「ライト側」自由席が早々に完売していたので、人形が貰えない「レフト側」自由席のチケットで入った。実際は特に「ライト」「レフト」のチケットチェックはしてなかったし、ライト側のスタンドも、天候の影響もあってか、「完売」の割にはすいてて、入ろうと思えば楽勝で入れる状態だったんだけど、一応券面記載を尊重して、もっとガラガラなレフト側で見ていた。

先発はナーブソンと松葉。どっちも初回から好投して、いいテンポで進んだが、ナーブソンは3回にT‐岡田にヒットを打たれ、犠打と暴投でランナー3塁になって、坂口にタイムリーを打たれた。5回にもT‐岡田のヒットから、犠打と坂口のヒットで1死1-3塁。ここで平野恵一が意表を突いてスクイズ。2点目を失い、オリックスの試合運びの巧さが目立つ感じ。
ところが、4回までノーヒットピッチングだった松葉が、5回裏に突然崩れた。雄平、ヒロヤス連打の後、相川の内野ゴロでまず1点。荒木、野口の連打で満塁になり、比屋根四球で押し出しで同点。オリックスはピッチャーを東明に代えたが、森岡犠飛で、ついに逆転。
しかし6回表、バントヒットのヘルマンが盗塁で2塁へ進んだ後、ペーニャの三ゴロに川端の手が出ず(エラー)ランナー1-3塁。竹原の犠飛で同点。ナーブソンは6回にも山田のエラーで足を引っ張られ、同点で降板する気の毒な展開。ただ、今日もリリーフ陣(秋吉→山哲→久々に見たバーネット)が好投して、オリックスに追加点を許さなかった。
打線は8回に馬原から1死満塁、9回にも平野佳から2死2-3塁としたが、決め手なく延長。

ここで、サヨナラがありうるよなと思ったこともあって、ライト側自由席へ移動。さすがにサヨナラの場面は、回りがスワローズファンの方が気は楽だし(^^;。(もっとも、レフト側も周囲にスワローズファンはある程度は居た感じ)。

10回表にカーペンターが糸井にスタンドインの当りを打たれたが、塁審はファールの判定。ビデオ判定(初めて遭遇した)でも覆らず、同点のまま10回裏へ。
ピッチャー佐藤達から、1死後に川端ツーベース、雄平が敬遠気味の四球、ヒロヤス四球て1死満塁。ここで上田がレフトへ飛球を打ち上げ、川端がタッチアップで還りサヨナラ勝ち。

いろいろダメな所もあったとはいえ(4失策はいただけない。ちなみに山田2、川端2)、最終的にきっちり勝てたのは良かったとは思う。
20140622kyujo1
20140622board1
20140622kyujo2
20140622board2

|

« 交流戦 ヤクルト対オリックス(6/21) | トップページ | イースタンリーグ ヤクルト対西武(6/24) »

「ヤクルトスワローズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/59861124

この記事へのトラックバック一覧です: 交流戦 ヤクルト対オリックス(6/22):

« 交流戦 ヤクルト対オリックス(6/21) | トップページ | イースタンリーグ ヤクルト対西武(6/24) »