« J1リーグ第16節仙台対名古屋 | トップページ | 感想「ガニメデ支配」 »

セリーグ ヤクルト対広島(7/23)

2014.7.23(水) 18時 神宮
C 01000000102 4
S 10000100000 2
[敗]久古、[勝]一岡、[S]中崎
[本]S:バレンティン(戸田)、C:田中(石山)、丸(バーネット)

2回裏に到着、1対1だった。

うちの先発石山は、1回、2回はヒットを打たれて失点もしてたが、3回から7回まで見てた間はナイスピッチングだった。たまにランナーを背負っても三振できっちり切り抜ける。打線が広島の先発・戸田を攻め倦んでいたけど、これは勝たせてやりたいなあと思ってたら、6回にバレンティンがセンターへでかいホームランを打ち込んで勝ち越し。ただ、続く雄平がツーベース、さらにヒロヤス四球で一気に潰しにかかれそうな所で、中村のスタンド寸前まで飛んだ右飛でヒロヤスが帰塁出来ずにゲッツー。1点しか勝ち越せなかった。
7回にも1死1-2塁で追加点のチャンスを作ったが、比屋根ゲッツーで得点できない。8回のバレンティンのツーベースでの1死2塁も無得点。
1点リードのまま、9回表に登板したトニーが、先頭の丸に同点ホームランを打たれて、石山の勝ちが消えた。
そのまま延長。10回裏に2死から満塁と攻めたが、飯原の強い打球はショート正面。11回に突入した所で時刻が22時を回ったので、撤退。

1点リードじゃ足らんだろうと思ってた通りの、終盤の展開だったのが何とも…。

で、11回表に久古が2失点して結局負けたとか。
20140713kyujo
20140713stand
20140723board1
20140723board2


|

« J1リーグ第16節仙台対名古屋 | トップページ | 感想「ガニメデ支配」 »

「ヤクルトスワローズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/60048593

この記事へのトラックバック一覧です: セリーグ ヤクルト対広島(7/23):

« J1リーグ第16節仙台対名古屋 | トップページ | 感想「ガニメデ支配」 »