« セリーグ ヤクルト対DeNA(7/27) | トップページ | 感想「Kill As Directed」 »

イースタンリーグ ヤクルト対楽天(7/30)

2014.7.30(水) 13時半 大田スタジアム
E 001100011 4
S 001000010 2
[敗]赤川、[勝]菊池、[S]小山伸
[本]S:西浦(永井)

ひと月ぶりくらいのイースタン観戦。ヤクルトホームで大田スタジアム開催。ここへ来たのは多分3度目。

先発はうちがルーキー杉浦で、楽天は川井。杉浦は開幕1軍?の予定が、故障で出遅れて、やっと2軍で投げ始めたくらい。俺は今日が初見だった。低めにパシッときまるストレートは気持ちいい感じだったけど、気持ちよく打たれていたような感も…。3回に四球と連打で1失点。ただ、そんなに崩れた感じもないのに、3回で交代したから、投げてる球の内容も含め、まだ試運転という意味合いの登板だったのかなという気もした。
で、3回裏に今浪がレフト前に落ちるタイムリーを打って、同点に追い付いたんだけど、4回表に登板した赤川が、早速、小山桂のツーベースで1点を失って、また先行される。それでも赤川は、4イニングを投げて、被安打3、4四死球なのに、失点はこの1点のみ。昔からそういうとこがある。何がいいんだかわからないけど、なぜか抑えてしまうピッチャーだよな。
打線は4-5回は菊池、6-7回は上園に対して、ヒットは打つが得点出来ず、1対2のまま8回。
うちは山哲が3人目で登板したが、先頭の小斉にツーベースを打たれ、犠打と内野ゴロで失点。
しかしその裏、楽天4人目の永井から、西浦がレフトスタンドへホームラン。また1点差。
でも、9回表に登板した押本が、阿部のヒットを三好のツーベースで返され、また2点差。
9回裏は楽天5人目小山伸から、松井と三輪がヒットを打って、2死1-3塁まで攻めたが、藤井が二飛に倒れて終了。

杉浦が1軍に来れるのは、まだしばらく先っぽいな。というか、赤川も山哲もオッシーも、そんな気がする。
20140730kyujo
20140730kyujo2
20140730board

|

« セリーグ ヤクルト対DeNA(7/27) | トップページ | 感想「Kill As Directed」 »

「ヤクルトスワローズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/60080996

この記事へのトラックバック一覧です: イースタンリーグ ヤクルト対楽天(7/30):

« セリーグ ヤクルト対DeNA(7/27) | トップページ | 感想「Kill As Directed」 »