« 天皇杯2回戦名古屋対トヨタ蹴球団 | トップページ | セリーグ ヤクルト対DeNA(7/13) »

セリーグ ヤクルト対DeNA(7/12)

2014.7.12(土) 18時 神宮
B 021022000 7
S 000001000 1
[敗]小川、[勝]モスコーソ
[本]S:田中浩(モスコーソ)、B:グリエル(小川)、筒香(小川)、モスコーソ(押本)

ユニ配りデーで、混むこと必至だったから、普通ならパスする日だったが、招待券を貰ったもんで。早めに行ってライト側に席を確保した。実際、レフト側も含めて、結構詰まった入りになったから、正解だった。

ライアン小川の怪我からの復活登板という話題性もある試合だったんだが、今日のライアンはダメだった。ひどく悪いというわけでもないけど、はっきりしたボール球が多いし、簡単に粘られて、なかなかアウトが取れない。2回に後藤と桑原のタイムリーで2点先制され、3回にはグリエルにホームランを食らい、5回には筒香のツーラン。5回裏に代打が出て、5回5失点で降板。登板を重ねて試合勘を取り戻していく必要がありそう。
さらに6回には押本が、ピッチャーのモスコーソにツーランを食らうていたらく。
打線はモスコーソを捉えられない。森岡だけはヒットを打ちまくったが(ただし多分に幸運も味方)、あとが続かない。6回にヒロヤスがバックスクリーン横にホームランを打ち込む、びっくりするような場面はあったけど、結局その1点だけ。8-9回もDeNAのリリーフ陣にきっちり抑え込まれて、1対7で終了。

故障上がりのライアンがダメだったのは、しょうがないと思う。チーム事情で、充分調整する時間も貰えてない。というか、1軍の試合で調整してくという意味なのかもしれない。今の先発投手の状況では、まだライアンの調整のための登板の方がマシかもしれないものな。
それよりも、点差以上に、ヤクルトの選手の勢いの無さ、粘りの無さが目立った気がする。特に終盤。だもんで、なんかヒドい試合を見た印象だけが残った。
DeNAは楽しそうだったけどな。
20140712kyujo
20140712stand
20140712board
20140712kumo

|

« 天皇杯2回戦名古屋対トヨタ蹴球団 | トップページ | セリーグ ヤクルト対DeNA(7/13) »

「ヤクルトスワローズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/59976706

この記事へのトラックバック一覧です: セリーグ ヤクルト対DeNA(7/12):

« 天皇杯2回戦名古屋対トヨタ蹴球団 | トップページ | セリーグ ヤクルト対DeNA(7/13) »