« セリーグ ヤクルト対DeNA(7/12) | トップページ | J1リーグ第15節名古屋対徳島 »

セリーグ ヤクルト対DeNA(7/13)

2014.7.13(日) 18時 神宮
B 110040011 8
S 100000300 4
[敗]村中、[勝]三浦
[本]B:グリエル(村中)

2日続けて神宮。村中を見たかったので。完璧でなくても、そこそこいいピッチングを見せてくれれば、今後の期待値も込みで、いいことにしようかと…。

でも村中は、初回、グリエルに先制ホームラン打たれたのは、相手が上手だったとしても、1回裏に同点に追いついた直後に3連打でまた失点。5回には雄平の守備ミス2つが絡んだとはいえ、打たれての4失点で、結局5回持たずに降板。そこそこと言えるレベルでもなかった。いい球はあったけど、明らかなボール球が多すぎて、自分で苦労の種をまいていた。
打線は1回裏に2四球とエラーで無死満塁にしたのに、雄平のタイムリーでの1点止まりで、ヘロヘロだったDeNA先発の三浦を、次第に立ち直らせて5回まで1失点で持たせちゃった。
それでも7回に石川のエラーをきっかけに3番手土屋を攻めて、山田のタイムリーで1点、さらに満塁で飯原がレフトフェンス直撃、もう一伸びで同点満塁ホームランの当たりで2点差に追いすがったんだけど、7回表のカーペンターが、四球とヒットで1死1-2塁にした後、バッテリーエラー2発でまた3点差。9回にはトニーが石川にタイムリーツーベースを打たれて4点差。9回裏は山田が四球で出たものの、簡単に三上に抑えられ、このカード3連敗で終了。しかも3試合とも大敗。

希望が見えない3日間だったよな。今日はバレンティンが復帰したとはいえ、初回の四球以外は凡打2本で交代(交代した飯原が好打したのは皮肉)。しかもバレンティン復帰で久々にライトからセンターに戻った雄平の5回のミス2つは、多分久々のセンターで距離感がつかみにくかったという感じのもので…。
今は全て裏目という感じ。まあねえ、流れはそのうち変わるだろうとは思うけど、その前に取り返しのつかないレベルまで、チームがぶっ壊れないことを祈る。
20140713kyujo
20140713stand
20140713board
20140713sora

|

« セリーグ ヤクルト対DeNA(7/12) | トップページ | J1リーグ第15節名古屋対徳島 »

「ヤクルトスワローズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/59980999

この記事へのトラックバック一覧です: セリーグ ヤクルト対DeNA(7/13):

« セリーグ ヤクルト対DeNA(7/12) | トップページ | J1リーグ第15節名古屋対徳島 »