« J1リーグ第20節G大阪対名古屋 | トップページ | 天皇杯3回戦名古屋対京都 »

なでしこリーグ第18節浦和対INAC

2014.8.17(日) 15時 駒場スタジアム
観客 5126人

 浦和レッドダイヤモンズ 0(0−0)1 INAC神戸レオネッサ
 レディース         (0−1)

 52分 INAC・増矢

2009年6月以来のなでしこリーグ観戦。女子サッカー見るのも、2010年の元日以来で、えらく久しぶり。

開始15分前くらいに着いたが、メインスタンドはひととおり一杯。そうはいっても、隙間なく詰まってるというほどでもなかったんで、適当に潜り込んだが、周辺は一応、INAC寄りのエリアだったぽい。それなりにエリアは広かった印象で、関東でこんなに、一応INACを応援してる人がいるんか、という感じだったけど、澤効果が持続してるんだろうか。まあ、来場者の8割方が浦和応援だったのは間違いないが。
あんまりちゃんと把握してなかったが、レギュラーシリーズの最終節で、浦和は勝てばレギュラーシリーズを1位で終えることになるようだった。それだけ聞くと、「優勝」というのとは、微妙に違いそうな気がするけど、優勝という言葉も使われていたみたい。

INACは、それこそ5年前は強くなり始めてた頃だったけど、今日はそこまで強さを感じなかった。ただ、どこまで意図的なのかは知らないけど、とても割り切った戦い方をしてたように見えた。たとえば、サイドの守備は、一応ついていくけど、そんなに必死では止めに来ない。クロスは上げさせといて、強力なGKと2人のCBで止める、みたいな。あとは、DFラインを高く上げて、浦和のカウンターを牽制しつつ、ぽろっと後ろへ出ちゃったやつは、GKの海堀がなんとか止めるという守り方。それで一度、エリア外で海堀がクリアしたやつが、ハンド疑惑を呼んだりしてた。試合後、浦和サポが審判にブーイングかましてたけど、確かに、これを始めとして、いくつか浦和に不利かな、と思うレフェリングはあったと思う。もっとも、俺もそんなにはっきり見えてるわけじゃないから、本当の所は分からない。

浦和はINACと対照的に、オールコートでまんべんなく試合をしようとしてる感じで、基本的にはずっとINACを押し込んで優勢に試合を進めてたと思う。うまく守られて、シュートは打っても得点は出来なかったが、INACにもチャンスらしいチャンスを与えていなかった。で、スコアレスで折り返し。

後半序盤、INACがゴールの右斜め手前でFKを得て、中島が蹴ったボールがクリアされて、混戦からゴール前へこぼれた所を、増矢がミドルで叩き込んで、INACが先制。
でも、その後はINACって、シュートをほとんど打ってないんじゃないかな。というか、逃げ切り態勢に入った後半の後半のINACは、本当に老獪な試合運びを見せていた。勘どころできっちり潰しに来る澤は、ほんとに、ベテランの味だねえ、という感じだった。あと、目の前で見れた高瀬のライン際でのボールキープは、芸術的な(^^;見事さで、思わず、拍手しちゃった。なんというか、よく動いてキーになる選手と、ポイントを押える選手の役割分担がきっちり出来ていた感じ。そういう所が、ある意味、浦和はメリハリがなかったかなと。
で、そのままINACが逃げ切って、浦和には残念な結果に終わったみたい。

面白く見れた試合で良かった。5年前よりも、さらにレベルは上がっているような気はした。ピッチを広く感じなかった。
20140817board1
20140817kyujo
20140817end

|

« J1リーグ第20節G大阪対名古屋 | トップページ | 天皇杯3回戦名古屋対京都 »

「女子サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/60189920

この記事へのトラックバック一覧です: なでしこリーグ第18節浦和対INAC:

« J1リーグ第20節G大阪対名古屋 | トップページ | 天皇杯3回戦名古屋対京都 »